考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

第5回Archaeo-GIS Workshopのお知らせ

Archaeo-GIS Workshop が東京で開催されます。

取り組むテーマを開催趣旨から勝手に妄想させていただくと,
ズバリ
「写真と撮影場所のフュージョン(fusion)」。
ちなみにフュージョン(fusion)とは,
そう,「オッス! オラ悟空」の世界のそれである(この説明,半分くらい嘘ですから)。


考古学のフィールド調査だけでなく,
民俗学や人類学・動物学や農学や...云々の調査もいいけど,
生活に密着した身の回りの出来事や風景を方法としても使えそうですね。
その“場”に在るから“それ”,なのであって,切り離されたら“それ”ではなくなる,“それ”。

訳の分からぬ事を言い,またもや脱線していましたね042.gif
ワークショップの日時は,2009年の6月6日(土)午前10時から。
スタート場所は,江戸東京たてもの園。
江戸東京たてもの園のホームページによれば,
園内には江戸時代から昭和初期までの復元された建造物が立ち並んでいるそうです。
これら建造物を撮影するんじゃないかしらん。などと予想します。

誰でも無料で参加可能とのこと。
デジタルカメラは持っていくこと。
GPSは貸してくれるので,持っていなくてもOK。
でも,GPSを持っている人は持ってきてくれたら,
主催者の人たちはきっと嬉しいはずです。

ーーーーーーーーここから転載。
第5回Archaeo-GIS Workshop
「集合!写真と位置の仲人達」

今や野外調査に欠かせないツールとなったデジタルカメラとGPS。
この2つのデジタル情報を、どのように結びつけることができるでしょうか。
今回のワークショップでは、撮影した画像にGPS位置情報を付与する
方法について、実際にフィールドで機器を操作しながら学びます。

日時:2009年6月6日(土)午前10時から
場所:午前の部(ソトシゴト) 江戸東京たてもの園(http://tatemonoen.jp/)
    午後の部(ウチシゴト) 東京工業大学大岡山キャンパス(http://www.titech.ac.jp/)
対象:考古学やGISに関心のある方ならどなたでも。
参加費:無料(交通費・入園料・食事代等は自己負担でお願いします)
持ち物:当日はデジタルカメラをご持参ください。
参加申込・問い合わせ先:阿児雄之(akoあっとまーくarchaeo.cs.titech.ac.jp)
申込締切:2009年6月3日(水)

ちらし
カラー版: http://archaeogis.googlegroups.com/web/AGISW5th_c.pdf
モノクロ版: http://archaeogis.googlegroups.com/web/AGISW5th_bw.pdf
ーーーーーーーーーここまで。
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-29 01:59 | Archaeo-GIS Workshop

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧