考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

重要なのはデータの考古学的意味づけ

e0024206_8503174.jpgとりあえず、写真だけUP。
文は後で追加します。ネタは左のヤツ。

-追記-
先週の金曜日(2月24日)、
閉合トラバース測量を実施してトーステを据える練習の後、
業者さんに3Dレーザースキャナーのデモをしてもらいました。

性能は、
分解能5mm
最短距離2m
測定距離範囲1000m
精度(単発測定)±10mm
精度(平均化)±5mm
最大視野角360度・80度
測定点数/秒 回転ミラー:8000点まで

スキャニングした3次元座標に、機械上部に取り付けたデジタルカメラで撮影した画像を貼り付けることができるんだそうです。実際のデモでは、約4分で上にあげた写真の位置から360度・80度の範囲のデータを取得してました。

この機械の最大の特徴は、膨大な3次元データを非常に短時間に取得できる点にあるように思います。ただ、僕は、遺構・遺跡を対象とした3Dレーザースキャナーによる測量の例を何度か見ています。そういうわけで、今回は機械のデータ取得性能というよりは、むしろ精度や取得データの考古学的意味づけについて、関心がありました。

精度に関しては、何よりもまず測量する対象と目的にもよりますが、単発測定±10mm・平均測定±5mmと仕様にあるので、機械自体精度は、まずまずのではないかと思います(いかなる条件で、何と比較するかにもよりますが..)。

つづいて取得データの考古学的意味づけについて。
具体的には、地形の傾斜変換点(ライン),遺構の上端と下端や、葺石・貼石・石垣の石の輪郭など、考古学的には、どの情報がより重要であるか、という意味の重み付けのことです。闇雲に膨大なデータをとっても、有効に扱えなけば意味はないのですから。

もちろん、コンピュータの特性もあるので、自動的にデータの意味を認識してほしい、などとは言いません。ただ、膨大なデータを弄くって編集する作業こそ、一番手間がかかると思うし、扱うためのアプリケーションも高価なんだろうなと思ってました。デモ中に色々尋ねると、実際そのようでした。

もし、今この機械を使った時に、どうしたら自分にとって有効に使えるんだろう?という疑問。

重要だと思う部分を従来の方法(例えば平板測量など)で補えたらいいんじゃないかと僕は思いました。レーザーで取得するデータは機械の仕様に従った生のデータ。従来の方法で取得するデータは考古学的に意味づけされたデータ。それを、GISやイラストレイターなどにみられるレイヤー構造のように、重ね合わせて使えたらいいなと。

実際やってみたらどうなるんだろう。もしかして、もっと手間がかかったりして。
特に石関係(スケールの小さなもの)はむつかしいだろうな。
でも,堀・土塁などスケールの大きなものに関しては,想像では上手くいきそうなんだけれど。
現状では,やはり相手次第ということだろうか。

それから、レーザーは樹木などの遺跡の周辺環境にも左右されます。
ただ、モンゴルの大平原に横たわる周長数㎞台の囲壁遺跡を測量するには向いてるかも。
奴にトータルステーションで立ち向かう姿は、哀愁漂うこと間違いない。


3月には山梨にある古墳を対象にデモをしてもらいます。実際の遺跡を相手に、どんな結果が得られるのか、またその準備・データ取得・編集・表示の流れは?といった点に注目していきたいと思います。

ちなみに写真右の人は、来年も院生(進学)のセキくんです。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-02-27 08:51 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧