考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

○○が進まないときほど増える記事

僕が関っているプロジェクトでは、
GLOBALBASEというものを使って、研究成果の公開を進めていこうとしています。

その活動の一部として、
集成された中世墓の資料をデータベース化して、なおかつGLOBALBASEを用いて地図のように表示してしまおうという動きがあります。

通常、集成した成果は紙媒体の資料集として刊行するのですが、それだけでは広く普及しにくい。そこで資料集自体のデジタル化を進めると共に、地図を使って発信していこうとしています。

地図化には、遺跡の位置情報が必要なので、研究代表者の方に無理を言って、資料を集成する時点で遺跡の位置を記録するようにお願いしています。

で、僕は、誰がどの遺跡のデータを作成したのか、位置情報をどのように取得したのか、GLOBALBASE全体の中での位置づけのためのデータ、検索をする際に使うデータ、などデータのためのデータ、いわゆるメタデータを作成したりしています。

先日の会で、「集積された情報をダウンロードできるのか」と質問をされたことを受けて、考え始めています。なぜなら、地図を閲覧することは考えていても、「ダウンロードのこと」は、真っ白だったから。

技術的には全てのデータをダウンロードすることは可能です。だけど、自分とは異なる基準で作成したデータベースをどこまで利用するか、という問題がたしかにありますね。

そういうわけで、全てのデータを渡すという方向性もあるけれど、
核となるデータ、コアデータをダウンロードできるようにしようかと思い始めもしています。
そのあたりは、資料を作成した関係者の方々に御助言いただいていこうと思います。

コアを何とするかもけっこうむつかしいとは思うのですが、
評価する人の基準によって、変わりにくいもの。コンセンサスが得られやすいものを中心に考えていきたいと思っています。
例えば、遺跡の位置情報や遺跡名になるのでしょうか。
それとて、遺跡の位置をポリゴン(面)として記録するのか、ポイント(点)とするのか、
広い視点で皆で決めていこうとしなければならないとは思います。

結局のところ、このプロジェクトのばあい、外部からの利用があってのデータベースなので、
自己完結型ではうまくいかない。
それと、目的をもう一度再確認しておくことが重要ですね。


データベースを構築している研究グループは、プロジェクトの中にいくつもあります。
たとえば、寶珍先生と朝倉氏遺跡資料館の水村さんが研究されている「中世遺跡データベースシステム」は、朝倉氏遺跡のデータベースシステムを開発されています。
4月からこのシステムを自分でも使えるように学ぶみたいです。


プロジェクトにおけるそれぞれのデータベースは、
個別的でばらばらだとしても、とても重要なものだけれども、
データベース間の関係をつくっていくことも必要だと個人的には思うから、
なんらかの「接続」を模索していくことも考えておきたいです。
もちろん、ばらばらでいいじゃない。という意見も含め、
ちゃんと考えていかなくてはならない問題です。


そうそう、
冒頭に書きました中世墓資料集成研究会のお知らせです。
ここから。
---
中世墓資料集成研究会(北陸編)のご案内

【主旨】
さて、文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」『中世考古学の総合的研究−学融合を目指した新領域創生−』(領域代表 前川要)における「墳墓遺跡及び葬送墓制研究の観点からみた中世」研究班(研究代表者 狭川真一)の研究目的達成のために実施している、全国規模の中世墓資料集成に伴う第7回研究会を実施することといたしました。

今回は北陸地方にその題材を求めて各県の研究者の方々にご協力いただき、下記の要領で研究会の開催にこぎつけることができましたので、ご案内申し上げます。

研究会では資料集成作業を通じて得られた成果をご披露いただくなかで、各地における中世墓の画期や地域的特色の抽出を目指したいと考えております。また討論ではこれまで各地を巡回するなかで得られた情報もちりばめながら、北陸地域の中世墓の様相を明らかに出来ればと考えております。

多くの方々のご参集をお待ち申し上げております。

【日時】平成18(2006)年4月22日(土) 
10:30 〜 16:00頃まで(10:00受付開始)
【場所】野々市町交遊舎
石川県石川郡野々市町二日市一丁目2番地  Tel 076-294-8166
(http://www.town.nonoichi.ishikawa.jp/contents/7d42050e2b0c119/)

【アクセス】
鉄道=JR北陸本線野々市駅(金沢駅から福井方面/上りで2駅目)北口下車すぐ。
自家用車=北陸自動車道金沢西I.Cから国道8号線を南下、野々市駅北側。約5分。
駐車場 60台駐車可


研究発表(発表時間には質疑応答の時間も含みます)

10:30〜10:40 趣旨説明・・狭川真一((財)元興寺文化財研究所)
10:40〜11:20 石川県・・・垣内光次郎((財)石川県埋蔵文化財センター)
11:20〜12:00 富山県・・・宮田進一((財)富山県文化振興財団)

(昼食)

13:00〜13:40 福井県・・・赤澤徳明(福井県教育庁埋蔵文化財調査センター)
13:40〜14:20 新潟県・・・水澤幸一(胎内市教育委員会生涯学習課)

(休憩)
14:30〜16:00 討論(90分程度)・・・司会:佐藤亜聖((財)元興寺文化財研究所)

     (発表時間、発表順は一部変更がある場合もあります)

参加費:無料
申し込み:不要
資料代:当日配布分は無料ですが、資料集は下記のとおりです。

『中世墓資料集成−北陸編−』 1部 2,000円 … 予価のため変更の可能性あり
---
ここまで。

ますます実資料から遠ざかる(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-03-30 19:24 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧