考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

考古学solution

初投稿になります、M1のもりよしです。

先日愛知県犬山市で行われた考古学solution04に参加してきました。

テーマは「非’紙baseの調査報告書志向」考古学的web2.0志向を考える

私などはこれまであまり考えてこなっかったことですが、
会場にいらっしゃたのは新しいものを創り出そうという熱気と
現状のままではいけないという使命感に満ち溢れた方々ばかりで
とても刺激的でした。

最初のプレゼンテーションは
藤波啓容氏の「報告書DTPの現状と問題点について」
報告書という形式にこだわっている限り、今後はDTPは後退していくという報告でした。

次に堀木真美子氏による「LAMPを活用したリアル考古学」
では実際に新しい取り組みが始まっている事例の紹介でした。
発掘調査で得られた情報をリアルタイムで共有できるようにすることを目的としています。
わかりやすい例えでいうと
調査員の野帳・調査日誌まで公開するというものです。
すでにそのためのプログラムが試用される段階まできていました。

休憩を挟んでフリートーク
岡安光彦氏の
「民が入ることによって官が私物化する文化財情報が公のものとなる」
という発言が最も印象的でした。

以下私の感想です。

デジタル化をとことん進めていって文化財情報が公開されていくのは
当然喜ぶべきことです。
私などはまだ駆け出しの研究者の卵ですが
ある研究をはじめるとき、まずやるのは資料を収集することです。
基準も精度もまちまちの報告書群のなかから
自分の目的に合った資料を検索するのは
単純作業ですが楽ではありません。
赤塚次郎氏もおっしゃっていましたが
「報告書という塊をばらして必要な部分を抜き取って加工」
することができるようになればこの苦労はかなり軽減されます。
そのために報告書という形式が時代に適合しなくなってくるのも自然な流れかもしれません。

発掘調査で得られた情報がすぐさま共有されるのも
遺構の評価などが多くの調査員で検証できるようになるとのことで
いま現場で求められている技術であろうと思います。

しかしこれらの理想的な考古学の未来に行き着くには
まだ様々な障害を乗り越えていく必要があるのではないでしょうか。
新しい優れた技術があっても
すぐそれを全国の現場で導入するという流れにはなかなかならないでしょう。
意識の違い、スキルの違いというのは単に世代間ギャップだと言い切ってしまうことはできません。
このような会合をより広く行って
考古学者をどんどん議論の壇上に乗せていくことが必要だと感じました。

多くの方々に
「君のような若い世代にやってほしいことがある」
と期待のお言葉をかけていただきました。

私たちができること、一つ一つ着実にやっていきます。

(もりよし)
[PR]
by hrs-blog | 2006-06-05 20:52 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧