考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

中世の火葬を考える

シンポジウムのご案内です。

-----

第2回 中世墓を考える会 開催のご案内
・・・「中世の火葬を考える」・・・

【趣旨】

文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」『中世考古学の総合的研究−学融合を目指した新領域創生−』における研究課題「墳墓遺跡及び葬送墓制研究の観点からみた中世」部門の研究目的達成のため、中世墓を考える会を発足させて、個別具体的な中世墓に関わる諸問題を検討したいと考えました。

今回はその第2回目としまして、「中世の火葬」をテーマにシンポジウムを実施いたします。


「中世の火葬」についてはすでに、地域的特長を考究した先行研究がありますが、すでに10年以上の歳月を経過していることや、新しい視点での研究、あるいは自然科学分野の成果も蓄積されております。また、全国を行脚する中世墓資料集成研究会においても中世の火葬の問題はかならず話題になると言っても過言ではありません。

そこで今回は考古学、歴史学はもとより、自然科学分野の力もお借りして中世の火葬の問題に取り組んでみたいと思います。幸いにも複数の分野の研究者の方々にご協力いただくことができ、下記のとおり研究会の開催にこぎつけることができましたので、ご案内申し上げます。


【日時】
平成18(2006)年9月30日(土) 
10:00 〜 16:40頃まで(9:30受付開始)

【場所】
あすなら(奈良市男女共同参画センター)
〒630-8122 奈良市三条本町8番1号 Tel 0742-34-1525
http://www4.kcn.ne.jp/~asnara/

【アクセス】
JR奈良駅下車・・・西口改札を出てすぐ(ホテル日航奈良と同じビルの2階です)
近鉄奈良駅下車・・徒歩約15分(徒歩の場合は新大宮駅からも同じくらいです)
もしくは奈良交通バス「市内循環(内回り)」などJR奈良駅方面行きで
「JR奈良駅」下車、駅北側踏切を渡りすぐ。

自家用車の方は「JR奈良駅」西側のホテル日航奈良を目指してください。
同ビルの2階です。
なお、地下に駐車場がありますが、有料(30分毎150円)です。


主催
「墳墓遺跡及び葬送墓制研究の観点からみた中世」研究班

共催
「中世都市遺跡の電磁気調査とC14年代法による編年の研究」研究班


後援:(財)元興寺文化財研究所

【プログラム】

研究発表 (9:30受付開始)
10:00〜10:10  ご挨拶と趣旨説明
10:10〜10:55  「火葬骨の年代測定」
            中村俊夫(名古屋大学年代測定総合研究センター)
10:55〜11:40  「火葬人骨の鑑定と考古学」
            楢崎修一郎(財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団)
(昼食)
12:40〜13:25  「蔵骨器と火葬墓」
            井上喜久男(愛知県陶磁資料館)
13:25〜14:10  「中世の火葬、その初期の形態」
            狭川真一(財団法人元興寺文化財研究所)
 (休憩)
14:20〜15:05  「中世における火葬受容の背景」
            藤澤典彦(大阪大谷大学)
(休憩)
15:20〜16:40  「討論」・・・司会: 佐藤亜聖(財団法人元興寺文化財研究所)
     (発表時間、発表順は一部変更する場合もあります)

【参加費】:お一人 500円(予定)

申し込み:不要。
ただし、会場の収容人数に限りがあります(100名)。
満員の場合、入場を制限させていただくことがありますのでご了承ください。


その他:会場では今回の科学研究費による研究活動で作成いたしました『中世墓資料集成』の増刷分を販売する予定ですが、会場では原則として会に関係する資料しか販売できないそうですので、持込による書籍の販売はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


(今後の予定)
第3回 「墳墓と石塔の関係を考える」
平成18年10月28日(土)
会場:奈良県中小企業会館

(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-09-08 02:08 | ABCpjのこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧