考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

カテゴリ:モンゴル文化遺産調査のこと( 12 )

明日からモンゴル国へ

e0024206_21102617.jpg


8月2日から同月19日まで,モンゴル国に行ってきます。
アリシャンハダ(岩壁画の遺跡)と遼代のチントルゴイ遺跡の調査です。

写真は昨年のアリシャンハダの様子です。

ではでは。
これから最終的な準備にとりかかります003.gif
[PR]
by hrs-blog | 2011-08-01 21:14 | モンゴル文化遺産調査のこと

Dund jargalantの鹿石

e0024206_8565385.jpg

Dund jargalantの鹿石。

場所は,http://j.mp/aLIMw7

今回はVIVID910という3次元レーザースキャナを用いた3次元計測を行いました。
おかげで写真や肉眼では確認できない図像もはっきり確認できたよ。
もちろん鹿石だけじゃなくて,周囲の地形や遺構も測量しました。
じゃないとどんな場所にどういう風にあるのか,分からないものね。

研究資料や保護・活用などに役立ていきたいたいんだなあ。

調査は無事全ての行程を終了。
今回もなかなかの強行軍でありました。
これから帰国しまーす。期間中はずっと作業していて,まとまった時間をつくれなかったからブログもアップできなかったよう。
[PR]
by hrs-blog | 2010-08-15 09:04 | モンゴル文化遺産調査のこと

調査の打ち合わせと資材の調達

今日の午前中は,モンゴル国立文化遺産センターで打ち合わせ。
その後は,調査に必要な資材の買い出しでした。
昼食は,旧国営デパートのノミンデパートで軽く。
それからナラントール市場で買い出しの続き。
明日,ヘンティ県に向けて出発します。
[PR]
by hrs-blog | 2010-08-01 23:54 | モンゴル文化遺産調査のこと

ウランバートルに到着

小さなトラブルはいくつかあったけれど,無事ウランバートル市内のホテルに着きました。
さっき夕食を食べて戻ったばかり。
ちなみに日本との時差は−1時間。今は10時22分。

これから機材のチェックして,明日に備えて早めに寝ます。
[PR]
by hrs-blog | 2010-07-31 23:23 | モンゴル文化遺産調査のこと

明日から出発

明日(2010年7月31日)から,モンゴル国へ調査に行ってきます。

調査期間中は記事も更新するはず。
これから荷物の詰め込みです。

ではでは。

また明日。
[PR]
by hrs-blog | 2010-07-30 21:22 | モンゴル文化遺産調査のこと

チンギス・カンの戒め



モンゴルで僕らがやろうとすることは,どのような意義があるか。
人に伝え,理解してもらい,そして面白いと思ってもらうことが大切。
それにはまず,モンゴルの事を知らねばなるまい。
というわけで,最近出版された↑の本も手にとっています。


副題ーモンゴル草原と地球環境問題ーの示す通り,
単にチンギス・カンの時代の事象を扱うだけではなく,
現在,そして未来のモンゴルを見据えた内容になっています。

目次は以下のとおり。

Ⅰ 草原を知る
1 温故知新の環境問題
2 草原の分布と気候
3 モンゴル高原の植生 ほか)
4 遊牧の起源と伝播 
5 草原の移りかわり
6 水をめぐる諸問題

Ⅱ 草原に暮らす
1 モンゴル帝国の興亡と環境
2 遊牧民族と農耕ー古民族植物学からみた漠北ー
3 遊牧王朝の興亡と鉄生産
4 変わりゆく草原世界ーモンゴル帝国滅亡後の漠南ー
5 社会主義から民主主義へー

Ⅲ 草原を活かす
1 伝統的遊牧生活の知恵ート・ワンの教えー
2 自然災害を知る・防ぐ
3 農業とともに歩む
4 遊牧の未来へ

関連年表ーモンゴル国出現以降のモンゴル高原史

おわりに
[PR]
by hrs-blog | 2010-04-05 20:58 | モンゴル文化遺産調査のこと

さてどう測る?

e0024206_18385440.jpg
先日行った企画展で購入した「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」の図録の表紙


こんな感じ(もっとシンプルなものもある)の銅造鍍金の仏像を,
数十体モンゴル国で測る計画があります。

目的は,
モノはかならず変化するから,現状の記録。デジタル資料化。
博物館などでデジタル技術を用いた双方向性のある展示。
保存処理などに際してのコンピュータ上でのシミュレーション。
関係機関間での文化遺産情報の共有
など。

なんか良い方法はないもんかと日夜模索しております。

当初は,
RolandのPICZAか大きいものならコニカミノルタのVividを使おうと思っていました。

ところが
鍍金されているようなものは,もしかしたらうまく測れないかもしれないって,
類似した事例を挙げて教えていただいて,
さてどうしたもんかと考え中。

しかしまあ,測れるかどうかはやってみないとわからないので,
鋳造鍍金の仏像をネットで探してみたら,お手軽な金額ではなさそう。
仕事場は博物館や資料館ではないので,それっぽいレプリカもないし。
どっかで眠ってないかなあ。

で,とりあえず,金メッキの奈良の大仏を買ってきました。
テストしてみます。
[PR]
by hrs-blog | 2010-03-01 19:25 | モンゴル文化遺産調査のこと

モンゴルの石人と食事会

e0024206_2142517.jpg

今日は車で一時間ほどの場所へ。
e0024206_21394511.jpg

佇む石人,背後には廃寺。

e0024206_2138482.jpg

昨夜はモンゴルで仕事や研究をされている方々と5人で食事。
オーブンで焼かれたこの料理も,めちゃめちゃ美味しかったっす。
美味しい料理があると,お酒の方も進んでしまう。
缶ビール2本・赤ワイン1本・アルヒを少々。
少し飲み過ぎたかな。
ごちそうさまでした。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-17 21:52 | モンゴル文化遺産調査のこと

野菜スープを選んだら,思わずたじろいだ

今日もまた博物館へ。
とにかく寒かったなあ。
だけど良い調査ができたと思う。

ところで,
昼食でボルシチか野菜スープを選ぶことになった。
メインをゴリヤシにしたので野菜スープを頼んだら,
肉の中に野菜が入った大盛りのスープが出てきた。
思わずたじろぐ。
そう,,何事も肉&たっぷりが基本なのだ。
e0024206_17254387.jpg

写真中央の手前がゴリヤシ、右が野菜スープ、右奥に饅頭(マントウ)

つまり,
素うどんを頼んだら,大盛りの肉うどんが出てくるようなもの。
カレーを頼んだら,羊肉が山盛りのカレーが出てくるのである。

同行してくれているモンゴル人には,
寒い時はたくさん食べたほうがいいよと言われた。
ふと前方の席に座っている細身の女の子を見ると,
テニスボールくらいのミートボールを2つ,乗せた皿を前にして,談笑している。

いやあ,かないません。。

これまでは夏にしかこなかったから,
冬に来て初めて知ることは,
食文化にかぎったことではなく,もう毎日が発見の連続。

そんなわけで、
こんなに寒いところでの文化遺産をとりまく環境というのも,
知っておきたいと思うのであった。。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-15 23:02 | モンゴル文化遺産調査のこと

携帯電話でインターネットを使う方法@モンゴル

e0024206_23331255.jpg

外の気温はマイナス33度らしいです。うへー。
でも室内はとっても暖かい。自宅よりも...である。

モンゴルでもSIMロックフリーの携帯電話でインターネットができました。
モビコムのSIMカードを購入後,SIMロックフリーの携帯電話に差し込みます。
そしてインターネットの設定で,’APN’の設定をinternetとするだけです。
ただし携帯電話は,SIMロックフリーの携帯電話じゃないと,ダメなんだと思います。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-14 23:11 | モンゴル文化遺産調査のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧