考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

カテゴリ:研究のこと( 434 )

国際学術研究会「交響する古代」

月曜日は久しぶりに東京の山奥の大学に行ってきました。
そして大事な用件と向き合ってきました(結果はどうなったかはまだ分からないけれども)。

そうそう。日本史学研究室に行ったら,
国際学術研究会「交響する古代」という大きなポスターが貼られていました。
“工夫”が施されているA4版のポスターも配布されていたので1枚入手。

この研究会,11月4日(土)から11月6日(土)までの3日間の日程で開催されます。
発表者は総勢27名。
テーマといい,発表する方といい,引きつけられます。

e0024206_21394412.jpg
e0024206_21404563.jpg


PDFファイルは,こちら↓で配布されています。
組織的な大学院教育改革推進プログラム 複眼的日本古代学研究の人材育成プログラム
<日本古代学教育研究センター>明治大学大学院文学研究科史学専攻
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~jkodaken/
[PR]
by hrs-blog | 2010-09-21 21:49 | 研究のこと

『発掘調査のてびき』など届く

『発掘調査のてびき』と特価本になっていた『弥生土器の様式と編年 四国編』が
六一書房から届いた。


『発掘調査のてびき』にも書かれているとおり,
示された内容がベストだとするのではなくて,
常にこれ以上の質を目指して工夫していかないと,
今回の「標準」を超えることはできないと思う。

たとえば
高校球児が甲子園出場を目指すのと,甲子園での優勝を目指すのとの違い。
日々の練習に対する意識も自ずと変わってくるように思うのです。

とはいえ僕自身,今回示された内容について,
身につけられていない事柄が多々あるので日々精進であります。

発掘調査のてびき
発掘調査のてびき
posted with amazlet at 10.07.11

同成社
売り上げランキング: 46846


目次

整理・報告書編(整理と報告書作成の基本方針
記録類と遺構の整理
遺物の整理
調査成果の検討
報告書の作成
報告書の記載事項
資料の保管と活用)
集落遺跡発掘編(埋蔵文化財の保護
集落遺跡概説
発掘調査の準備と運営
土層の認識と表土・包含層の発掘
遺構の発掘
遺構の記録
自然科学調査法の活用)



弥生土器の様式と編年―四国編

木耳社
売り上げランキング: 740182


目次

1 阿波地域
2 讃岐地域
3 伊予中部地域
4 伊予東部地域
5 土佐地域


[PR]
by hrs-blog | 2010-07-11 15:54 | 研究のこと

引用・参考文献の書き方

祝!決勝トーナメント進出。
次はパラグアイ戦。またも寝不足になりそうです。

さてと。
著書や学術論文はたまたオンライン上の文献を引用・参考文献として自分の論文に記載するとき,
どんな書き方をするのが正しいのでしょう。

分からなくなる度に調べていたのですが,
書き方をまとめてくれている本があったので入手しました。

--------
レポート・論文作成のための引用・参考文献の書き方
藤田 節子
日外アソシエーツ
売り上げランキング: 126146


目次

第1章 参照文献の役割(参照文献の役割
著作権法の規定 ほか)
第2章 書誌要素と表記法(書誌要素とは
書誌要素の4つのグループ ほか)
第3章 主な書誌要素の解説(著者に関する書誌要素
標題に関する書誌要素 ほか)
第4章 参照文献の具体的な書き方(本章の読み方
具体例の探し方(索引の使い方) ほか)
第5章 参照文献を書いてみよう(図書1冊
雑誌記事 ほか)


[PR]
by hrs-blog | 2010-06-25 22:06 | 研究のこと

文化遺産カード

先日の考古学ソリューションで,
とても面白そうなイデアとその取り組みが発表されていた。

それは何かというと,「文化遺産カード」というもの。
http://card.niwasato.net/concept/concept.html

日本だけでなく,海外の文化遺産にも応用できそう。
遊びを通して親しみながら知ってもらうというのが良いですね。
[PR]
by hrs-blog | 2010-06-21 18:25 | 研究のこと

文化財の三次元計測に関する書籍と雑誌

この前の考古学協会で購入した本(の一部)。
e0024206_21552724.jpg

『文化財のための三次元計測』と『文化財の壷』

『文化財のための三次元計測』は,
六一書房さんで売ってました。
http://www.book61.co.jp/book_html/N04771/


『文化財の壷』は,
http://blog.narayama.org/?p=587
に購入方法が買いてありました。





電車の中で読んでます。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-28 22:03 | 研究のこと

こうもり塚古墳の3次元レーザー計測

e0024206_1855548.jpg

先週金曜日は,3次元レーザースキャナを使って,
岡山県に所在する,こうもり塚古墳を調査していました。
もちろん関係各機関の許可をいただいて。

僕は日本考古学協会での発表のため,この日1日だけの参加となり,途中で抜けてしまいましたが,
関係者の方々の御協力により,調査は無事に終えることができました。
ありがとうございました。

上の画像は,現地での計測後の処理の最初の段階のもの。
この画像は,写真ではありません。
1点1点に対してX・Y・Zの座標(平面直角座標系)が与えられた点群に,
スキャナ内蔵のデジタルカメラで取得した色情報を付加させて,表示しています。

次は,ひとつひとつのスキャンデータをつなぎ合わせて,,,
順番に1つ1つ,進めていきます。

そして組み上げた成果をよく確認して反省し,
計画している用途に耐えうるような質かどうかを判断し,
不十分であれば,質の向上を目指して,方法の洗練を繰り返します。

文化遺産のデジタルドキュメンテーションは,まだまだ発展の可能性があります。
単なる記録方法だけでなく,記録した情報の活用も含めて体系化する。
今,取り組んでいる課題の1つです。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-27 20:51 | 研究のこと

考古学Solution_file07

今度の考古学Solutionは,「文化遺産とデジタルアーカイヴ」がテーマ。

今,僕がやっていることと,今回のテーマは完全に合致。
興味津々です。

情報元はここ↓
考える野帖 
http://www.fieldnote.info/?p=2141
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-26 23:55 | 研究のこと

「中世墓資料集成」データベースが公開されました

すごい研究成果が公開されました。

「中世墓資料集成」データベース。
http://gbs3.rds.toyo.ac.jp/chuseibo/

「全国各地で活躍する研究者約120名の協力を得て、既刊の発掘調査報告書等から中世墓に関する情報を抽出したもの。収集した調査地点数は10000件を超える膨大なもので、これからの中世墓研究には欠かせぬ資料群である」

これからの中世墓研究には,必須の資料となりますね。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-26 22:18 | 研究のこと

近況

奈良に戻りました。

M田夫妻,おめでとうございます。
M田くんお仕事ますます頑張らねばd(^-^)ネ!

N島さん,お子さん激カワユス。

考古学協会は,雨が降っていたにもかかわらず,
多くの人で賑わっていましたョ。

久しぶりの大学では,既知の方々が温かく迎えてくれました。
感謝です。

たぶん2年振り近くに帰った実家では,あれこれと手伝いをしながら,ゆっくり過ごしました。

さあ,今からがんばろう。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-26 22:14 | 研究のこと

Sican Archaeological Project

Sican Archaeological Project (SAP)
http://www.sican.org/index_j.html

シカン文化学術調査団による格好いいWebSite。
発掘調査の模様や遺物の写真も掲載されていますね。

遺跡の調査プロジェクトの紹介サイトとして,見本の1つ。
英語・スペイン語・日本語バージョンがあるから,専門用語の勉強にもなるかも。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-18 19:29 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧