考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

カテゴリ:ウラジオストック留学中のこと( 19 )

ウラジオストックはこわい場所

ウラジオストックは危険な場所であるということを改めて感じた。
私がウラジオストックに来て7ヶ月。

昨日夕方6時頃、ロシア人2人に襲われてしまった。
国際研究集会の帰り、ロシア人の友人と別れた直後である。

命には別状ないが、ロシアで使っている携帯電話とごくわずかなお金を奪われてしまった。
ロシア人は銃やナイフを持っている場合が多いため、むやみに抵抗すると殺されてしまう場合がある。命だけが無事でよかった。

暴行被害は何とか受ける前に逃げたので、何とか助かった。
彼らの一人が頻繁に友人に電話していたので、もし逃げていなければ集団で襲われてしまったかもしれない。
今度、同一人物に会わないことを祈るばかりである。
もし会ったら・・・。

その後、友人の携帯電話から私の携帯にかけた。しかし、すでにシャットアウトで、使用停止状態になっていた。携帯電話を奪うことを目的とした組織的・計画的犯行なのだろう。

ウラジオストックは携帯電話がかなり高価なものである。1台が安くて2500ルーブル、平均で3000から3500ルーブル(12000から14000円程度)である。奪った携帯電話を売買するのだろう。
同一の被害は、ウラジオストックでは頻繁に起きているらしい。

とりあえず、日本領事館に連絡した。

外国人は一人で歩かないほうがよいということを改めて実感した。
日本に無事帰国できることを祈る。

中澤寛将
[PR]
by hrs-blog | 2006-05-17 13:05 | ウラジオストック留学中のこと

国際研究集会で学んだこと

ウラジオストックにも新緑の季節がやってきました。
日中は、18度くらいまで気温が上がります。

さて、5月15日から18日まで、ロシア科学アカデミー極東支部歴史学・民族学・考古学研究所において若手研究者のための国際研究集会が開催されています。ロシア以外に、日本・韓国・中国の若手研究者が参加しており、考古学部会は20名の研究者が口頭報告を行います。
私も発表の機会を得られ、昨日、口頭発表を行ないました。
ロシア語での報告は、初めてだったため、少し混乱気味。何とか無事終わりました。

今回の報告で学んだことがいくつかあります。
1)日本のことをまったく知らない研究者に日本のことを話すのは難しいということ。
2)限られた時間で主張を伝えることは、難しいということ。(今回は1報告につき15分以内という制限がついています)
2)研究の視角がロシア人研究者と日本人研究者の間では若干異なること。
3)自分が日本のことをあまり十分に知らないということ。
など・・・。

また、報告にあたり、ロシア語で論文(レポート?)を書いたことも自分にとってプラスになりました。研究所の先生に大変忙しい中、添削をしてもらいました。その際に、1)日本で使用されている学術用語(たとえば、技法や独特の装飾など)をロシア語に置き換えることが難しいということ。2)ロシア語の文法は難しい。ということを改めて感じました。

中澤寛将
[PR]
by hrs-blog | 2006-05-16 10:40 | ウラジオストック留学中のこと

最近のこと

私がウラジオストックに留学して半年が過ぎました。
4月だというのに、昨日・今日は雪。現在、10から15cm程度の積雪があります。

最近は、ロシア科学アカデミーで中世城址遺跡から出土した遺物を見ています。
日本での細かい調査とは異なり、遺物がどの地点のどの層から出土したのかというのは、わかりません。報告書が日本のように公開されていないので、「この遺物がこの遺跡から出土した」という程度のことしかわかりません。遺物が個人所有的な側面もあるので、なかなか日本のようにはいきません。しかしながら、遺物を見ていると、それまで気づかなかったことが発見できます。

さて、半年間、ここで生活をしていると、いろいろな困りごともでてきます。これから留学を志す人のために、若干記します。

1)薬は多めに持っていったほうがよい。特に、生活環境が異なると、日本でかかったことのない病気にかかることもあります。最近、私は目が痛い。日本では目薬を使ったことがないので、日本から持参してはいません。ロシアの目薬がどのようなものなのかわからないので、こわいですが、仕方がありません。

2)日本のお土産、現代の日本をあらわすようなものを持っていくということ。海外に留学する人は、たいてい一つや二つ日本的なものを持っていくと思います。先週、私の誕生日でしたが、韓国人の留学生から韓国のお土産をもらいました。また、日本の音楽や映画、写真なども持っていくといいかもしれません。

3)辞書。電子辞書が便利ですが、日本から持ってきた電子辞書が壊れてしまい、ペーパーの辞書を引いています。電化製品(パソコンも含めて。最近、私のパソコンは壊れかけている・・・。)は壊れる場合のことも考えなければならないかと思います。

今回は、3つのみ。
続きは次回。

中澤寛将
[PR]
by hrs-blog | 2006-04-21 12:38 | ウラジオストック留学中のこと

レクチャーの準備中

Nakasawaくんからメールが届きました。
本人の許可を得たので,近況を語った部分を転載します。

---
最近、急激に忙しくなってきました。
ロシア語週8コマ、考古学講義1コマ、考古学ゼミ週2コマに出席しています。
そして、火曜・木曜の午後は科学アカデミーに通い、研究史と遺跡概要をまとめ、修論について各先生方と相談しています。
今は、ゼミで平安・鎌倉時代の考古学をレクチャーするように頼まれたので、ロシア語原稿作りをしています。
暇なよりは忙しい方がいいのですが・・・。
ロシア語と研究を併行するのはハードですが、今が面白いという感じです。
日本とは異なり、学生間で研究の議論をするということがないため、自分の研究に不安になることがしばしばです。(Nakasawa)
---

なんかスゲェ。
充実してますね。
それに留学半年なのに,ロシア語で日本考古学の講義だなんて。
疾走感でも完全に完敗した気分。
見習わなくては。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-04-07 00:13 | ウラジオストック留学中のこと

A sigh of spring?

Since I came to Vladivostok, 5 months passed.
Recently, I study Russian language and archaeology.
Lecture of archaeology is interesting.
And then, since next week another seminar start.
I lead a full life.

e0024206_9524294.jpg

Though it is a little cold in the morning, it is warm in the noon.
The part of Zolotoy Rog Bay(金角湾) had frozen until 1 month ago.
It is not rare the temperature become +5-7℃.
I fell spring come here day by day.

(H.Nakasawa)
[PR]
by hrs-blog | 2006-03-05 09:53 | ウラジオストック留学中のこと

The worth of Information

It is comfortable to be able to send email, to write blog and to watch Home-Page.
And then, it is wonderful to be able to communicate with many people all over the world.

However, we should notice that such case is not usual, but rarely.
Popularization of the personal computer and the copy machine advanced the informational share.
And, in Japan, if we call or write letter to the institution when we want to see the archaeological material, we can watch the material.

However, in social without books and copy machine, the value of one information more increase.
In such social, it is important to watch one picture and to get information.
When I went to the library in Vladivostok, I was surprised that people can’t rend book.
We can only read books in the library. And all book is the closed style.
The library open from 10 AM to 4 PM, and don’t open on Saturday and on Sunday.
What do you do in this situation?
I thought one solution.
It is training to read without dictionary. This is very difficult for me.

We sometimes forget the worth of information.
Especially, it is outstanding in the place many information overflow.
We must not think the circumstance in Japan is natural…..

H.Nakasawa
[PR]
by hrs-blog | 2006-02-20 10:14 | ウラジオストック留学中のこと

Japanese cinema festival in Vladivostok

On 10-12th February, Japanese cinema festival held in the theater of my university.
The organizer is Japanese consular office in Vladivostok.
I had time, so went there. There are two reasons.
The first, what do the organizer want to show in this festival?
The second, after Russian people see these films, what reaction they do?
e0024206_12252529.jpg

In the festival, four films showed.
1.「阿修羅のごとく」”О женщинав и Асурах” (2003)
2.「ロボコン」”Робокон- конкурс роботов” (2003)
3.「わたしのグランパ」”МОЙ ГРАНДПА” (2003)
4.「豪姫」”БАСАРА-КНЯЖНА ГО” (1992)

No.1 describes lifestyle of Japanese sisters and women in the later of Showa period. At once, in this film, we can see Japanese traditional culture. For example, New Year in Japan, cutting New Year’s round rice cakes (Kagami-Biraki), wedding according to Shinto rites, Doll’s festival (Hina-Matsuri), Japanese traditional food (Soba, Unagi, Chirashi-zushi etc.) etc.
No.2 describes the process that small and weak team gets victory in national robot contest. I heard Russian people couldn’t understand “Robocon”. I also didn’t understand why show this film in this festival. But, there was the scene “Ashimo” took a picture in the end of this film. Probably the organizer would want to show the science technology in Japan. After this film, I recollected EXPO which held in Aichi last year. Although the theme of this EXPO was “symbiosis with the environment”, interest of all people was the Robot.
No.3 describes the girl who lives a normal life. One day her grandfather came back from the prison. Although she became confused on his behavior at first, she gradually understands his way of life. The leaflet of this film says that his way of life is the one modern Japanese people have forgotten.
As the film of No.4 was broken, it didn’t show. In Russia, this case often happens.

In three films, it is the similarity to describe the philosophy of Japanese. Probably, it is aim in festival. After festival, I heard Russian people liked the film”О женщинав и Асурах”. They seemed to like the last sentence in this film. The sentence is all women have the heart as “Asyura”.
Although it is the aim to research intent of organizer and reaction of Russian, I think Russian people generally received intention of organizer.

H.Nakasawa
[PR]
by hrs-blog | 2006-02-15 12:28 | ウラジオストック留学中のこと

Culture name and archaeological culture

There are many cultures in the Medieval Far-Eastern Russia archaeology.
For example, Mokhe culture, Bohai culture, Pokurovka culture, Jurchen culture etc.
Mokhe and Jurchen are the name of ethnic groups, Bohai is the name of state, Pokurovka is the name of index site.
In Japan, there are some theses about this theme.

Culture name in Japanese archaeology is called by characteristic pottery, site, region etc.
Jyomon culture and Satsumon culture are the name of characteristic pottery, Yayoi and Kofun are the name of characteristic site and grave, Ohotsuku culture is the name of region.
As far-eastern Russia, in Japan, it is rarely to call the name of culture by ethnic group in historical literature.
For example, recently few people call the ancient culture in the east-north and the east-south of Japanese archipelago “Emishi culture” or “Hayato culture”.

According to archaeological book in Russia, Archaeological culture is the technical term which shows the similarity of the archaeological site and materials in same period and in the concrete territory.
Some scholar say, archaeological culture sometimes agree with ethnic groups in historical literature.

It is different between Japan and Russia how to understand archaeological culture.
Probably, understanding how to call the culture name will lead to understanding the archaeology in each country.

H.Nakasawa
[PR]
by hrs-blog | 2006-02-10 10:16 | ウラジオストック留学中のこと

A Happy New Year!!

I haven’t written in this blog for a long time. I am sorry.
Since today I write about Russian life and my study.
I had stayed in Japan from 19th January to 5th February.
Why did I go back to Japan?
The reason are looking my studying plan over again and thinking about Japan.
All overseas students have not a little worry.
Students studied abroad probably notice that own work and plan was not getting along very much.
I sometimes heard worries from my foreign friends.
Surely I also have some worry, after 1 or 2 months since I stayed in Vladivostok.
It is not all possible to produce result for one year in the case of foreign country.
It takes long time.
It is important not to muscle my way but to wait and steadily study.
Particularly, the most important thing is foreign language learning and the mind that “when in Roma, do as the Romans do”.

The second semester starts since today.
I intend doing my best.

H.Nakasawa
[PR]
by hrs-blog | 2006-02-06 11:00 | ウラジオストック留学中のこと

Far Eastern State University Museum

 Although I lived in Vladivostok, I don’t always see the archaeological material. It is the present condition that I cannot see the material. So I read now archaeological books in Russian Academy, when I have free time.
In such condition, going to the museum is my pleasure. Museum of FESU is the best museum in Vladivostok. Here there is exhibition of archaeology, we can understand archaeology in Primorye―for example, the history of archaeological excavation in Far-Eastern Russia, aspect of archaeological site and archaeological culture since the Paleolithic Era from Middle Age etc.
e0024206_10512928.jpg

e0024206_10514552.jpg

(H.Nakasawa)
[PR]
by hrs-blog | 2005-12-26 10:53 | ウラジオストック留学中のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧