考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

以前お話したタシケントにある歴史博物館で撮った馬具です。
e0024206_225458.jpg
e0024206_22542941.jpg

スケールがわかるように,物差し入れをとけばよかった。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-29 22:59 | Dabussya調査のこと

多摩の夜

e0024206_23151959.jpg

多摩に戻りました。街にはハロウィン風の飾りが並んでいます。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-28 23:15 | 日々の彼是

ダブシエ遺跡の紹介

やまひろです。

ダブシエ遺跡の調査報告を無事に終えました。

ずいぶんと遅くなってしまいましたが,
ダブシエ遺跡の簡単な紹介と調査の目的と方法について。


遺跡のなまえ
Dabusiya(ダブシエ)

所在地
ウズベキスタン共和国サマルカンド州
有名なサマルカンドからは車で約1時間半,ブハラへは約2時間の距離にあります。

緯度と経度(およそ)
緯度 40°01′46″
経度 65°45′56″

存続時期
アンティーク時代~20世紀初頭くらい
(アンティーク時代は紀元前5世紀頃からと説明を受けました。
 地元の方によれば,1927年まではバザールがあったそうです。)

遺跡の性格
サマルカンドとブハラを結ぶシルクロードの都市遺跡
宮殿やバザールなどがあったとされる。
現在では,山羊や羊などの放牧地。

立地
河岸段丘上。
ゼラフシャン川が間近に流れる。

今回の調査目的
 遺跡の詳細な地形測量図を作成すること。
 地下の様子を調査すること。

調査方法
 GPSを用いた遺跡全体の地形測量
 光波測量器を用いた遺跡中心部の精度の高い地形測量
 GPR(Ground-penetrating radar)を用いた地中探査

それぞれの方法で取得した情報は,
GIS(地理情報システム)を用いて統合・解析・表示・活用。


なんだか素っ気無い感じですね。
しかも,調査歴や出土遺物の種類など欠けていまし。
遺跡の情景がぜんぜん浮かばないし。
おもしろくない紹介ですが,一応,考古学では基本的な情報です。


というわけで,測量調査中に撮った写真をいくつか掲載。

e0024206_2249943.jpg
ゼラフシャン川

e0024206_22515726.jpg
遺跡北側の断崖
e0024206_22512151.jpg
放牧されている山羊
e0024206_22534240.jpg
綿摘みの子ども
e0024206_2254368.jpg
遺跡の外側(西)から眺めるシタデル
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-26 22:57 | Dabussya調査のこと

ダブシエ遺跡の写真あれこれ

やまひろです。

10月22日(日) 曇り のち 初めての雨
ダブシエ遺跡での測量調査を終了して,サマルカンドまで戻ってきました。

先週末は,時間がとれなくて,予告していたブログの更新をできませんでした。
ゴメンナサイ。

それと,普段は書いた記事を何度か再読してから投稿しているのですが,
なかなか文章を確認する余裕がなくて,
普段の落ち着かない文がいっそうバラバラになってます。
ご堪忍を。



・・・で,調査の写真たち。



といいつつ,まずは,いつもの食べ物編。
e0024206_164318.jpg

この料理はラグマン。
ウズベキスタンや,ほかの中央アジアの国々でも一般的な料理。
トマト風味のスープに茹でた麺と野菜と羊肉が入っています。

他には串刺しの焼肉シャシリクやピラフのようなブロフがあります。

どの料理もとってもおいしかったのだけれど,
ダブシエの宿舎で食べる料理が,思わず「おっ おーいすぃーー!」と叫んでしまうほど,
どんなレストランのそれよりも美味でした。

e0024206_18263.jpg

ダブシエ遺跡で撮った写真。
写っている建物は,300年以上前に建てられた廟(お墓)。
偉人のための墓です。

僕は,シタデルという宮殿部分を見てダブシエ遺跡を思うのですが,
ダブシエ遺跡周辺の村人たちは,この廟を指してダブシエと言います。

調査者と現地の人々にとっての遺跡認識の違い,面白いです。

e0024206_18293.jpg
これはシタデルを南側から撮影したものです。
シタデルは北・東・南の三方を谷で囲まれていて,西側は崖になってます。
測量時は崖を足を滑させながら歩いてターゲットを置いてました。

e0024206_1104287.jpg
e0024206_1111680.jpg
谷の大きさ。
シタデルの一番高い部分と谷の底の標高の差はだいたい分かるかも。


e0024206_1124624.jpg

e0024206_1133540.jpg
no football no life (in Dabusie)

現在のダブシエ遺跡は,羊や牛の放牧に利用されています。
写真の彼は,牧童。
フットボールで,言葉が通じなくても,コミュニケーションしてました。
車のトラブルで途中停車した村の小学校でもボールをみんなで蹴ったりして。。

e0024206_1141198.jpg
夕方のダブシエは綺麗。

e0024206_116026.jpg
城壁部分の高まり。左奥に見える川は遺跡のすぐ側を流れるゼラフシャン川。
眺めはそのまま風景画のよう。

春には雪解け水で水量が増し,今よりも4mほど水かさが増すそうです。


というわけで、写真掲載の第一弾でした。
明日はイタリア調査団とウズベキスタンの考古学インスティチュートの方々との
ミーティングのため、これから調査成果の資料つくり。

遺跡に関する詳しい情報は、公開の是非を確認してからする予定。

昨晩踊りすぎて軽い筋肉痛のやまひろでした(やまひろ)。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-24 01:29 | Dabussya調査のこと

秋もだんだんと深まり

朝、とても寒くなって来ました。
油断すると風邪をひきそうです。


ダブシエ遺跡から1時間半かけて、サマルカンドに戻って来ました。

昨日は宿舎として間借りしている家のご主人の誕生会。
子供も大人も、飲めや歌い踊れの大騒ぎ。
庭に放し飼いにしている鳥は、身がとても身がしまっていて、
めちゃめちゃおいしいものでした。
ただ、ウォッカを飲みすぎて、頭が。。。


I Podをインターネットクラブ(インターネットカフェのカッフェが無いヤツ)
のパソコンに接続できることが今さっき分かったので、
土日にクラブに来れたら写真を載せます。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-14 22:00 | Dabussya調査のこと

ダブシエ城調査の経過

やまひろ@ウズベキスタン です。

サマルカンド到着後、ダブシエ城に移動して、五日間の調査をおこないました。
週末はこちら(サマルカンド)に戻って、地形測量とレーダー探査の調査成果を、
GISを利用して統合する作業をおこなっています。
明日はイタリアのボローニャ大学の人たちに経過報告をします。


遺跡や宿舎の写真なども載せたいのですが、
利用しているインターネット環境では、撮影した写真を利用できません。残念。

こちらに来て、一度おなかを壊して痩せました。
でも今は、日本にいる時より元気です。

朝は吐息が白いほど寒く、昼間には半そででも暑いほど気温が上がります。
現地の子供たちと仲良くなって、調査の手伝いもしてもらっています。

週明けから、またダブシエ城付近の宿舎に移動して調査を再開します。
あと三週間の調査期間を無事にすごしたいと思います。

白主土城での調査も終了したみたいですね。
今頃は研究室の引越しかな。。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-08 18:58 | Dabussya調査のこと

帰国

e0024206_1285134.jpg

無事に日本に帰ってきました。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-05 12:08 | 白主土城調査のこと

UBSアワード受賞!

e0024206_16495692.gif

 森洋久先生がイノベーション・ジャパンにて、UBSスペシャル・アワードの特別賞を受賞されました!(特定領域研究「中世考古学の総合的研究―学融合を目指した新領域創生―」 研究分担者)

出展内容は「グローバルな情報体系を実現する自律分散GIS基盤ソフト」です。特定領域研究の研究成果の1部もこのソフトを利用して公開しています。
e0024206_1765011.gif

数ある出展者の中で賞をもらえたのは6つだけ。すごいことです。展示ブースにはこんな金看板があがっていました。(これをみて質問にきてくださる方も多かったようです)

 私はこの3月まで森先生のお仕事を手伝っていたこともあり、GLOBALBASEが徐々にたくさんの方に利用されるようになって、賞までもらってしまったことがうれしいです。かなり個人的にうれしいです。

 それはそうと、『イノベーション・ジャパン』とはどんなイベントなのか知らない方も多いかと思いますので少々説明を。

 このイベントは簡単に言うと、大学やら研究機関の研究成果をお披露目して、見に来ている企業が、これは将来性のある研究だなとか、今すぐお金になりそうな研究だなというのを見つけたら、即そこで開発者(研究者)と企業が商談にはいる・・・・というのが目的です。

 昨年は、記念に出展でもしておくか~という雰囲気が漂っていたブースもたくさんあったのですが、今年は映像を使った「見せ方」のうまいブースが増えたな~という感じでした。 いい研究成果もまずは興味を引いてもらわない限り何も起こらないのです、だからがんばっています、という意気込みを少々感じました。

 これを期に研究成果を製品化するとか、共同研究の足ががりにしたいという真剣な気持ちが、見るほうにも見せるほうにもあった気がします。国公立の独法化も影響しているのかもしれません。

 たまには理系の展示会、行ってみるとおもしろいですよー。毎日こんなこと考えてる人がいるのか~と刺激になります。(こじ)
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-04 17:57 | 研究のこと

最後です

e0024206_753577.jpg

帰りの車内です。最後にしてようやく写真に写りました。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-01 07:53 | 白主土城調査のこと

雨上がり

e0024206_7433430.jpg

昨日から続く雨の影響で浜辺が昆布だらけになっていました。多くは人間の何倍もの大きさです。
調査は昨日で無事終了し、予定より早く白主から帰ることになりました。おそらくこの昆布の写真がサハリンでの最後の更新になると思います。何だかさびしい気がします。
[PR]
by hrs-blog | 2005-10-01 07:43 | 白主土城調査のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧