考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

週末はどちらに?

午後5時を過ぎる頃には外は真っ暗。
帰宅途中に中華まんを買い食いしたくなる季節。

-----
昨日は午後からMJ大学へ。
研究会で発表を聞いてきました。

気が抜けたせいか風邪をひいたので、
この日は早々に退散しました。

葛根湯を飲んで夜9時には就寝。
こんなに早い時間に寝たのは、何時以来だろうか。
おかげで今日はだいぶ楽に。

-----
明日(土)は東大で催される土器の研究会へ。
明後日(日)は午前中のみ土器の研究会、
午後から中央大学後楽園キャンパスにて打ち合わせと、
エンフトル先生の講演「モンゴルにおける契丹土城の諸様相」を拝聴。
通訳付きです。

案内はこちら。
http://archaeolog.exblog.jp/4460070

他人の発表ばかり聴いてないで、研究&発表しろよ。>自分

-----
考古学GIS研究会(仮称)の方は、日々内容を詰めつつあります。
いまのところ、開催日は1月27日(土)の方向で話が進んでいます。

ほぼ決まっている事項
場所:東京工業大学(大岡山キャンパス)[交通案内]
開催日:2007年1月27日(土)

昨日は、この集まりのためのポータルページをつくりましょう、とtaniyanさんからご提案。
「各人のBlogやHPへのリンク、決定事項の告知をお知らせする役割を持つものを。 」
「」内、連絡メールより抜粋。

乗っかりました!

というわけで、「そのページに使う画像を頂きたいのです。なんかこの集まりっぽい雰囲気を持ったもの」を各自準備することに。

さて、どんなものにしようかな。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-24 17:47 | 研究のこと

ボジョレーじゃないっすよ

かねてからの課題を提出。
さらに寝不足のため,風邪をひきそうなので安いワインを購入。
最後に御独り残っておられた漱石様が消え,残金28円。
なんとかは百薬の長。って昔,父さんが言ったから。ま,いいか。

明日はMJ大学でおこなわれるK研の例会へ。

・・・なんとなく,とくに意味無くイニシャル・トーク。

-----
今年,モンゴルで測量調査した成果を5月に学会でポスターで発表できればと思っています。
いま,そのモンゴルでお世話になったエンフトル先生が来日されています。
先日は京都の龍谷大学で講演されたとか。
今度の日曜には東京の中央大学後楽園キャンパスで講演されます。

モンゴルの遺跡も,ものスゴイっすよ。
現地の写真や図面もたくさん出るから,ご興味ある方は是非来てください。

-----
考古学GISの会(仮称)は,1月20日(土)の考古学ソリューション以降に催す方向で話が進んでいます。だってさ,みんなその話を踏まえてやりたいから。

1つ,記しておきたいのは,この研究会は,別にGISを考古学(文献史学・文化人類学・環境史学なんでもいいですが)研究に利用したいなと積極的な態度で受け止めている方でなく,「GISなんてなんぼのもんじゃ!所詮は机上の空論だろう」と思われている方にも賛同していただければな,ってことです。

皆が皆,GISに対して好感を抱いている人ばかりではおもしろくないし。
実態にも即してはいないんじゃないかと。思うんですヨ。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-23 01:12 | 研究のこと

来た来た

昨日(20日)深夜の霧模様とはうって変わり,今日は小春日和。
ここのところの大きな寒暖差で,庭先の樹木たちがいっそう色濃く秋を醸し出している。

額の熱さはなんとか引いた。
喉は痛いがまだ昨日よりはマシ。

-----
gocitoさんから災害プロセスを研究している方を紹介いただいた。
とても有り難いことです。
その方から多くのものを,学び盗み吸収できるように,今のうちから準備をしていこう。

いつも色んな方にお世話になっているばかりだ。
これから少しずつお返していけたらと思う。

-----
考古学GISの会(仮称)の場所は,ta-niiyanさんのご高配で東工大をお借りできそう。

また,何度かこのブログにコメントいただいているyaskn さんにも賛同していただいた。
yaskn さんは,前々回奈良で開催された情報考古学会で,GISを利用した縄紋時代漁撈活動の解析をされた方。

それから,ta-niiyanさんのご提案で「考古学GISの会(仮称)」の話を詰めていく過程を,ブログ・BBS・Wiki・CMSなど何らかのカタチで他の方々にも見えるようOPENにすることになりつつある。

楽しくなってきたぞ!(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-22 01:52 | 研究のこと

季節の変わり目か

昨日寝る前から喉が痛い。
翌朝、喉はさらに痛くなり額が熱い。
夕方から悪寒もしてきた。

だけど、風邪ではない。
認めない。ぜったい 認めない。
認めたら負け。
病は気から。
とりあえず、額を冷やすシートは貼った。

-----
最新刊の『考古学研究』にも記載されてましたが、
国土地理院の数値地図データを扱うツールとして、GISmapがあります。
岡山大学の新納先生が作成されました。

立体表示・地形断面図の作成・眺望や最適経路の解析などできます。
以下のURLからダウンロード可能です。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/zozan/dl/download.html

無料なのに色々できちゃって有用です。

-----
ta-niiyan さんの提案でSay-noさんと共に、
先日やりましょうと決めた考古学GIS会の内容・日程を相談し始めました。

サボっていてすみません。>お二人。
まずはそれぞれ「こんなテーマはあったらいいな」っていう提案から始めることに。
みなさんからもご意見いただけたら幸いです。

-----
今日は多摩センター駅にある居酒屋が何周年記念とかで、
PM8時までビール・中ハイ各種1杯10円の大盤振る舞いをしている。
30杯飲んでも300円。
浴びるほど飲んでやると言いながら皆それに行ってしまった。

課題が終わっていないので、今日は留守番なのだ orz (やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-20 20:15 | 研究のこと

考古学系ニュース2

今日の東京は久しぶりの雨。
気温がグッと下がり,人の気配の無い校舎はいつにも増して寒く感じます。

-----
昨日の夕方,毎度お世話になっている方から
岐阜県に所在する荒尾南遺跡の現地調査説明会が18日の午後に実施されたのを知りました。

毎日新聞の記事では,
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061117-00000050-mailo-l21

 荒尾南遺跡は海抜6~8メートルの濃尾平野の北端部に位置する弥生時代~古墳時代の遺跡で東西200~300メートル、南北約700メートル、面積は約17万平方メートルと推測される。
 今回の調査で見つかったのは、弥生時代後期の銅鐸の破片1点や、弥生時代後期~古墳時代の竪穴住居43軒、幅1~2メートルの溝で仕切られた弥生時代中期の方形周溝墓と呼ばれる墓13基など。弥生時代中期に墓域として利用、その後に大規模な集落が形成された可能性を示していると書かれています。(「」内は引用です)

遺跡の“面積”や“大規模な集落”などについても興味深々なので,近いうち是非とも現地に足を踏み入れたらなと思っています。


夕飯食べるの忘れてた。タコ焼き食べたい(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-20 00:35 | 研究のこと

あと30分で閉門です

最近めっきり寒くなってきました。
秋も深まりつつあるようです。
学内の木々も赤く染まるもの、葉を落とすものが多くなりました。
そろそろコートをひっぱり出してもいい頃。

-----
研究室の大学院生が今度の考古学研究会第13回東京例会で報告することになりました。
テーマは、「中世東北アジアにおける生産・物流システムの変遷と構造-渤海・女真(金)・東夏期を中心として-」です。

詳しくは、 考古学研究会のウェブサイトにあります。
http://www013.upp.so-net.ne.jp/kouken/tokyoreikai.htm


日時:2006年11月23日(木) 午後2時から5時まで
会場:明治大学博物館教室(明治大学アカデミーコモンB1階) 
交通:JR中央線・総武線お茶ノ水駅より徒歩5分、地下鉄神保町駅より徒歩10分

彼は、この夏までの1年間、ロシアに留学していました。
今回はその成果の一部を報告する模様です。
-----
鹿児島県伊仙町(徳之島)の 「徳之島カムィヤキ陶器窯跡」が国の文化審議会によって国史跡に指定するよう答申されたニュースを知りました。
ニュースソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-00000195-mailo-l46

このカムィヤキ陶器窯跡や、学部時代に足を踏み入れた上市黒川遺跡群(2006年1月に国史跡に指定,所在:富山県上市町)など史跡指定された遺跡(史跡でない遺跡も)は、今後の舵取りもまた重要なのでしょう。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-18 22:37 | 研究のこと

青銅器文化と社会@歴博国際シンポ

我ながら,ひどい充実した生活。

12月の初っ端,歴博で青銅器の国際シンポジウムがありますね。

【テーマ】
古代アジアの青銅器文化と社会-起源・年代・系譜・流通・儀礼
Bronze Culture and Society in Ancient Asia: Origin, Date, Descent, Circulation and Ritual

【日程】
12月1日(金)~12月3日(日)
・12月1日(金)13:00~17:50
・12月2日(土)9:30~17:20
・12月3日(日)9:30~15:00

詳しくは,歴博国際シンポジウムのページにあります。
http://www.rekihaku.ac.jp/research/inter/symposium2006.html

このシンポで研究報告するS田さんは,3年前の夏に青森で一緒に調査した方。
あれから留学して論文もバリバリ書いて報告して。本当にスゴイな。
同じ釜の飯を食べた友人がこうして活躍しているのを見るにつけ,
こっちも負けずに疾走するべし!などと励まされる今日この頃です。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-15 03:48 | 研究のこと

直し整える

e0024206_341876.jpg
きのう(13日の月曜日)は入眠後3時間で目が覚めてしまい朝7時。
せっかく起きたのだからとそのまま部屋で作業して,昼前から研究室へ行くも
着いた頃にはもうフラフラ。
結局お昼過ぎに1時間ほど折りたたみベットで仮眠。
とほほ。

むー。体力の衰えを感じますな。
ひしひしと。
こんなことでこの冬を越せるのか?
とりあえず,そのうち 鍋でもするか。

そんな日の夕方の空は,じっと眺めていたくなるような表情を浮かべていました。
(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-14 03:25 | 日々の彼是

コーヒー飲みながら眺めます

e0024206_2319181.jpg
この季節,大学からの帰り道でいつもこの景色が待っていてくれます。
家族連れやカップルがケイタイで写真を撮る光景があちこちに。
独りで訪れてもかなり綺麗です。

こんな通りを毎晩見ることができるなんて,素敵でしょ。


いや,週末くらい大学行かなくても..ってのは言われなくとも承知しておりますわい。
(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-12 23:29 | 日々の彼是

色とりどりの秋

この季節、気分転換には散歩がもってこいですね。
今日初めて大学のキャンパスを一周してみました。
芝のグランドや木製のベンチでスポーツの秋 読書の秋を楽しむ人たちをみかけました。

そんな中、「ハラ、減ったなぁ~。。肉まん食べたい」とぼやくオイラは無論、
食欲の秋ですわいw。

--------
先日の研究会のテーマが「災害と中世の人間集団」だったので、こんな本が目に留まりました。
災害の人類学―カタストロフィと文化
スザンナ・M.ホフマン アンソニー・オリヴァー=スミス
若林 佳史
明石書店

文化人類学からの災害のアプローチだそうです。
海外の事例研究なので、
“日本人”(これとてかなり微妙)の災害観と直結はもちろんできないだろうけれど、
共通する部分もあるんじゃないかなぁ。。あと、どう異なるかってことも大切か。

--------
e0024206_18301424.jpg11月18日に佐倉の国立歴史民俗博物館で催されるフォーラムが気になってます。
テーマは
「新しい歴史学と生業-なぜ生業概念が必要か-

というのも、この前
追悼記録 網野善彦
赤坂 憲雄 / 洋泉社


←この本を読んだから。


あぁ~、たしか、このほかにも研究会があったような気がしたなぁ。どれに行こうか迷うなぁ。

さて、そろそろ宿題を再開します。。
学問の秋ですね。(やまひろ)
[PR]
by hrs-blog | 2006-11-09 18:51 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧