考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

学会発表に出席

今日は学会。

e0024206_022124.jpg

SくんとNくんの発表でした。
自分の研究を発表するときには,相手にいかに理解してもらえるかも重要なのですね。

学会の合間に,調査の準備。
明日は掃除洗濯と準備で1日が終わりそうです。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-30 23:59 | 研究のこと

無事帰国

朝9時に成田空港に着陸して,水だけ買って電車で移動。

うぅぅ,湿度が高い。
グッタリした表情の人も多い。
ウズベキスタンのからっとした空気とはまるで違う。
人の歩き方,座っている姿勢,どれも違いを強く感じる。

格好よく歩こうなんて心がけつつ,
大学への移動のついでに立川で機材の調達。

立川からモノレールに揺られ,高いところから辺りを眺めると,
昨日までいたところとの差異が一層際立つ。


午後1時を過ぎたころ,無事 大学に到着。

そのまま日本史学研究室に向かい,粗末なお土産を。
軽くて嵩張らないものって,選ぶのがむつかしいです。

それから大学院の事務室に行って,要提出の書類をもらう(苦笑)。
そして生協の本屋へ行って,新刊をふらっと。
あーそうだ。今日はまだゴハンを食べてないやと食堂へ。
鶏肉とトマトの入った冷しうどんを頼む。

うーん,肉もトマトも味が弱い。
土や水や陽光の滋養を取り込んでないかんじ。

そういや,うどん,よく咀嚼もしないでかきこんでる。
いかんいかん。
味わって食べないと。と思いながら5分で昼飯終了。
いけないなぁ~。

研究室に戻って月曜からの調査の打ち合わせ。
そして必要な書類の準備や連絡。。

明日は大学の史学会。
朝は9時過ぎからの開始だから,頑張って行かないとね。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-30 02:51 | Dabussya調査のこと

うどん

e0024206_13264525.jpg

これから月曜から始まる調査の打ち合わせ。ちょっとその前に胃に入れる。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-29 13:26 | 日々の彼是

午後のひととき

e0024206_2339518.jpg
今年から家のお手伝いも始めて、3年ですっかり大きくなったもんだ。
おばあちゃんのつくる焼きたてのナンもうまかった。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-27 23:50 | Dabussya調査のこと

調査終了

調査は無事に終了。都市サマルカンドへ移動。
誰も怪我や病気をすることなく、乗り切ることができたのが幸い。

調査後半からは、
6時30分から10時30分までが午前の現場。
16時半から20時30分までが午後の現場。
という日程。

帰宅してデータのバックアップして夕飯食べて、、としてるとあっというまに23時過ぎ。
朝は5時前に起き、色々と。

こちらの人にとっても、自分にとっても意義のある調査であったならと。

昨日は調査に携わった人達と、宿泊している家でパーティ。
この家のおいしいゴハンに感謝。
さらに素敵なプレゼントもいただいた。
オマケにこっち(ウズベキスタン)で嫁を探してあげるとか言われる始末。


今日と明日はこちらの研究所に渡すデータの準備。
明後日にタシケントを発って成田へ。
そしてそのまま大学へ。次の調査の打ち合わせ。
昼飯は学食の讃岐うどんにでもしよっと。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-26 15:15 | Dabussya調査のこと

ダブシエでの毎日


e0024206_1415589.jpg

e0024206_14385083.jpg
e0024206_14305735.jpg

e0024206_1425287.jpg

e0024206_14121834.jpg

e0024206_14132666.jpg


毎朝五時頃のコケコッコー!の合図で起きて,
まだ少しひんやりと暗いなか井戸水を汲んでバシャッと顔を洗い歯を磨き,
今日やることを再度確認していると,
「アッサラーム アライクム,ヤフシミシズ?Hiroshi チャイ」などと,
朝ごはんの仕度ができたことを知らせる家の人。

家の外へ出て,葡萄がぶらさがる軒先のスザニが敷かれた木製の台の上へ。
庭をグワァグワァと言いながら歩き回るアヒルやピヨピヨと親の後につづくひよこを見ながら,
とれたての蜂蜜をパンにつけてモグモグ。

食事を終えたら7時の出発に間に合うよう,調査機材をワジック(車)に詰め込む。
ふと目線を天に移し,その青さに今日も暑くなるなぁ。と。

現地の作業員さん達をピックアップしながら10分ほどで調査地の到着。
土の掘削・運搬が始まると,
彼らの体幹というか,フィジカルの強さに圧倒される。
スコップがゴッと土を叩くの音も迫力がある。
よくこんなのとフットボールで日本は勝てるなぁと感心する。

遺物や遺構が出てくると,手際良くを心がけながら,
カメラとトータルステーションで記録。
遺物に添えるラベルはウズベク語と日本語を併記。

そんなこんなであっという間に午前の作業終了時間の11時。
11時以降は気温が高くなりすぎて,野外での作業に向かないから夕方から再開。

帰ると夏休み中の子どもらが「おかえりなさい」とお出迎え。
僕も「ただいま」と。

午後の調査は4時から。
この昼間に午前中に取得したデータの整理。の前に一杯のビール。
一息ついて作業をしてると,「ドゥッペ,ドゥッペ」とボール遊びを誘う4歳から10歳の子どもらの声。
ここの子達は良く遊び,良く手伝う。どちらも手を抜かない。
4歳児のサマンダーなんか,手加減無しの全力でこちらに走り飛び込んでくることも。

適度に遊びつつ,内業もしてると昼飯の時間。
出てくるサラダが美味しいのなんのって。
太陽と土と水の味がする。
パンとサラダだけでもお腹が満たされてしまうこともしばしば。

美味しい食事の幸福感と午前中の疲れで眠気に誘われるもキリのいいところまで作業。
で,どうにもならなくなったら90分くらいの昼寝。
昼寝をしてると,またこどもが様子を窺いに来てたまにキャッキャと悪戯する。
あぁ 幸せ。

「いってらっしゃい」の声に送られて,午後の4時から8時まで遺跡で調査。
だんだん気温が下がり,作業がしやすくなる。
午後8時はまだ日没前。ちょうど太陽が赤くなり,電線に止まっていた鳥達が家に帰る時間。
一日の作業を終え,帰るワジックの中はウズベク語が飛び交う。
こちらのおじさんたちは良くしゃべる。冗談を織り交ぜながら次から次へと話題を変えて。

帰宅すると子どもらとの「おかえりなさい」「ただいま」の挨拶。
家の大人たちにはウズベク語で挨拶。

井戸水で手と顔を洗って,ビールを一杯,そしてデータの整理。さらにボール遊び。

夕飯はまた軒先で。
長袖を着るとちょうど良いくらいの涼しさ。
傍には大きな犬が横になっている。
夜空にはたくさんの星。
まずはウォッカで調査の成功を願って乾杯。
1時間程度の夕食が始まる。
おいしい料理を食べていると,
背中の方向から何やら子どものささやく声。
おいおい、まだ遊びたりないのか。。

夕飯を食べ終わると、2日か3日に一度の割合でお湯を浴び体を洗う。
お湯は大きなタライに入った水をガスで沸かす。
お湯と井戸水で割ってちょうど良い温度の水をつくる。

風呂浴びしたら、再び作業。
ちょっと離れたところからは、ビリヤードの玉を衝く音がする。
そして夜12時くらいに眠りにつき、あっという間に朝が来る。

毎日こんなかんじですごしてます。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-18 14:31 | Dabussya調査のこと

今日も快晴

e0024206_20383282.jpg
毎日晴れた日が続きます。
雲の全く無い、青い空が朝から待っている。
地上の方は青が薄く、天に高くなるほど、しだいに青が濃くなる。

サマルカンドの人々も、この青が好きだったらしく、
建物の色に青が使われていることがしばしば。

調査はいたって順調かな。

第2クールも終えて、来週からは、いよいよ後半から終盤へ。
最後まで怪我や病気なく、良い成果を得て終えたいものです。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-16 20:55 | Dabussya調査のこと

キッチンか?

村への出発前にネットカフェに立ち寄ることができました。


e0024206_14122059.jpg

現在、調査しているところ。
わかりやすいように、調査区の大きさはデフォルメしてます。


e0024206_14142782.jpg


e0024206_14151552.jpg

これはいったい?村人はタンドールって言ってましたっけ。


e0024206_14182838.jpg

こういうのを、調査区内で6基ほど確認しています。
これらの中からは、土器や動物の骨、卵の殻なんかも出土しています。


さぁ、これから第2クール、体調管理に気を配りながら、ビシッとやってきまーす。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-11 14:25 | Dabussya調査のこと

第6回大学考古学研究交流会のご案内

第6回大学考古学研究交流会のご案内です。


かなり、いやすごく行きたいけど,行けないよーん........orz
遠すぎる。
ドラえもん,どこでもドア!

-------------------------------------
以下,いただいたメールをお名前と所属だけ削除して転載します。
より詳しくは、実行委員会メンバーのお一人が用意された

http://www.swu.ac.jp/prof/reiko/zenpoukouen.html

にご案内があります。

第6回大学考古学研究交流会

日 時 2007年 6月16日(土) 13時00分~16時45分
場 所 東京都世田谷区太子堂1-7
昭和女子大学80年館6階オーロラホール
※地下鉄/渋谷駅より東急田園都市線「三軒茶屋」駅下車、徒歩8分。
バス/JR渋谷駅南口バスターミナルより三軒茶屋方向、「昭和女子大学前」下車。

プログラム

12時30分 受付開始
13時00分~13時10分 開会挨拶・趣旨説明

13時10分~13時40分 
「住居址内底部穿孔倒置埋設土器の一様相―神奈川県の事例を中心として―」
13時40分~14時00分 質疑応答

14時00分~14時30分 
「葬送儀礼における土器選択―縄文時代後期の土器副葬と土器被覆葬を例に」
14時30分~14時50分 質疑応答

14時50分~15時05分 休  憩

15時05分~15時35分 
「関東における横穴式石室の特質と朝鮮半島への視座」
15時35分~15時55分 質疑応答

15時55分~16時25分 
「漆喰製作技法からみた西アジア新石器時代の村落構造」
16時25分~16時45分 質疑応答

16時45分        閉会挨拶
16時45分~17時15分 資料見学(中屋敷遺跡)
17時30分        懇親会

資料代実費 500円程度(当日受付)
懇親会費 一般 5000円
/学生 3000円(予定)

〔会場ついてのお問い合わせ先〕
第6回 大学考古学研究交流会 実行委員会
〒154-8533 世田谷区太子堂1-7
昭和女子大学歴史文化学科


--------------------------------ここまで

“オーロラホール”って何か,場の雰囲気が厳かなイメージ。
“イメージ”じゃなくて,きっとそうだんだろうな。
内容も多岐にわたっていて、おもしろそう。

場所は三軒茶屋。
懇親会も楽しそうだなぁ。


我らがArchaeo-GIS Workshopの次回開催地は,関西の方向で進んでいるかと。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-10 15:21 | 研究のこと

元気にやってます

調査第1クールは無事終了。
ダブシエ村からサマルカンドに戻ってきました。

遺構や日干し煉瓦の並びなどは、ウズベキスタン考古学研究所の研究員が行っています。
土をたくさん掘ったり運んだりする作業は、サマルカンドから呼んだ熟練の職人さんと、
現地ダブシエ村の村人でしています。

U先生と僕の二人は、主に出土した遺物や遺構の記録です。
記録方法は、トータルステーションによる記録と写真測量と、
通常の写真撮影によるものです。

現在紀元後10から12世紀くらいの土器や金属製品が出土しています。
もちろん遺構もしっかり検出。

e0024206_14522837.jpg

城壁から見た眼下に流れるゼラフシャン川と広がる農耕地。朝8時頃に撮影。

e0024206_14531213.jpg

発掘調査のひとこま。夕方8時ちょっと前に撮影。

e0024206_1455185.jpg

土器が集中して出土した時の様子。朝10時頃に撮影


調査はまだまだ始まったばかり。
これからの中盤終盤に向けて、上に挙げた発掘している人たちだけでなく、
宿泊させてもらっている家や周辺の人々に支えられて、
豊かな成果を得られるよう、毎日をすごします。


この記事に載っている文章や写真は、事前にちゃんと許可をもらっています。

それから、こちらのインターネット事情は、大容量ファイルの送受信ができるほどでは
ないので、いろいろと不都合があるかもしれません。ごめんなさい。
[PR]
by hrs-blog | 2007-06-09 21:59 | Dabussya調査のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧