考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

交流しちゃう?

最近は一日が長く濃くて、時間の流れ方がいつもと違う感覚がします。
気のせいかな?

一昨日の火曜日は駒澤大学で大学考古学交流会の打ち合せでした。


駒澤大学は、僕が在籍する大学からは電車を乗り継いで1時間強。
若者の街、渋谷に程近いところにある。

ずいぶんと余裕をもって出発したのだけれど、
人混みと電車の都合で10分前に駒沢大学駅に到着。
案内によると、駅から大学までは歩いて約10分。

とりあえずダッシュ。
まだか。
まだなのか。。
フー! ヒイィー!
息切れがしてきた。

でなんとか開始時間の7時にセーフ。
相変わらずのギリギリboy(汗)

今回の会の流れやスケジュール確認の後、
各発表者による内容の説明をすることになり、
あたふた。

最初のS先生のご説明を聞きながら、
どう段取りしようかと思っていたら、
そのまま傾聴してしまい、気づくと僕の番。

あぁ、ダメじゃないか。。
内容を伝わりやすいように話せなかったにしても、
せめて、もっと大きな声で話せばよかった。

続いてAさんやIさんは、
理路整然としていて、話の内容が分かりやすかった。
思わずIさんに「上手!」と言ってしまったヨ!!

ところで、けっこうな数の方がこの交流会を支えていらっしゃって、
今後の発展に向けて色々と活動されているようでした。

あーいうことは、勢いが大事。
内容は、特に全国の学生にはメリットがあり、
交流会の理念に適うものだから、
「エイ、ヤ!」で まずはやってみるのが良いと思うけどなぁ。


打ち合せ終了後、駅前の居酒屋で一杯。
この日は、ある先生のお誕生日。
ご自宅ではなく、駒澤で夕飯時を過ごされてしまって、、心配でした。

打ち合わせをした皆さんとお別れした後、
残った駒澤の学生さん達と近くの店で少しだけ2次会へ。
こちらもとても楽しい時間でした。
交流会の準備など、色々お手数をおかけいたしますが、よろしくおねがいします。


明日は1本、締め切り日だぁ。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-29 19:30 | 研究のこと

いや,僕もそうなんだけどね

http://archaeolog.exblog.jp/6186544/

↑過去記事にコメントを下さったので,
遅いお返事を書いたら長くなってしまいました。
そこで新たな記事として投稿します。

北さん こんばんは。
まいど,ありがとうございます。
考古学のネタよりも,美味そうな料理のネタが多いブログですが,
どうぞよろしくおねがいします。

さて,
①大学とはどのような場所か。
②考古学関係で学校では対象にしていない分野を学ぶことができるか。

むー。
①②のどちらも単純には言い兼ねます。
大学も考古学を学ぶ仕方のどちらの捉え方も,いくつもの視点があるし,
それぞれがとても多様性にあふれているからです。

①について、一般的には,
Wikipediaに書いてあるようなところでしょう。

大学では、考古学の調査や研究の仕方を学び、
遺跡や遺構、遺物など考古資料とどう向き合うかを日々考えます。

もう少し具体的に何を知りたいのか,
記してくだされば僕なりには言えることはあると思います。

たとえば,大学で考古学を学ぶ面では,
どんなきっかけで野外調査に行っているか?
あるいはどんなテーマの卒業論文や修士論文があるのか?など。

②は,case-by-caseだと思います。
指導教授が,学びたい分野のエキスパートであることは,理想的だと思います。
でも,先生は縄文時代の土器が専門だけど,僕は古墳をやりたいとか。
などは,よくある話です。
実際,先生方は知識や経験が深く広いので,色々な面でご教示をいただくことができます。

異なる分野を学ぶのは100%不可能というのは,
難しいものもあるけれど,あまり無いとは思います。
(机の上での学び,フィールドでの学びで大きな違いがあるものもある)

今時は他大学との単位互換制度もあるし,
多くの研究者とお会いできる研究会だってあるし,
自分でそれらを組合せれば、なんとでもなることもあります。
考古学を学ぶのに、在籍する大学内にその活動を止める必要はありません。
無いなら創ればいいし。

ぶっちゃけ,①も②も,
自分次第で色々変わる,自分で変えるものだと,
僕は思っています。

それから,
相手(志望校)の情報収集が肝要です。

志望校に伺って,
先生方が自分の興味ある分野に精通している先生かどうかなど,という意味で
自分の学びたいことを学びやすい環境の研究室(ゼミ)かどうかを
教えていただくというのはいかがでしょう。
やる気もUPするかも。

考古学の講義を開講している大学の一覧はコチラです。
日本考古学協会 2007年度大学講義一覧
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaa2/academic/2007index.htm


この一覧に研究者の名前があるので,
グーグル等で検索すれば,どんな研究をされているか,少しは分かります。
その上,その方の著書・論文を読むと,もっと分かるかも。

ReaD研究開発支援総合ディレクトリ
http://read.jst.go.jp/
というものもあります。


では最後に、僕はどのように入学する大学を決めたかというと、
前提として、自分の学力や進学先は国立大学限定というのもありましたが、、
1つめに、毎年野外調査に行く研究室である。
2つめに、広く深い知識と経験をもっている先生がいる。
を重視しました。

で、紆余曲折を経て、今に至ります。


この記事へのコメントを含め,
これからも遠慮無くコメントくださいね。


え!?...はい。
質の高い論文。
伝えるプレゼン。
...などが実現するよう鋭意努力します。
んー。月曜日か。。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-24 01:50 | 研究のこと

背負うか,掛けるか,乗せるのか

「あら,あなたのその水桶,オッシャレ~!!」とかなんとか言ってたりして。
e0024206_18185196.jpg

e0024206_18194059.jpg

神津島村郷土資料館に展示されていた絵と写真です。許可をもらって撮影。

水ひとつ運ぶにも,今の僕らとは異なる仕方だったのね。
いやそれにしても,絵の右奥の人物,頭に乗っけた荷物が大きすぎですわ。


--------------------------
琉球の歴史と文化―「おもろさうし」の世界 (角川選書 412)
/ 角川学芸出版

「おもろさうし」には,色々の内容の事柄が書かれていて,
グスクの築造契機や盛行・衰退に関する記述などもあります。
いかに歴史・文化研究に使うかという点に興味津々。

『日本考古学協会 2007年度 熊本大会 研究発表資料集』は,
今月初めには売り切れてしまっていた。
いやはや残念。
そのうち古書店で探そうっと。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-18 18:50 | 研究のこと

研究会目白押し

アイヌの歴史―海と宝のノマド (講談社選書メチエ 401)
瀬川 拓郎 / / 講談社


白主土城の位置づけは難しいッス。。
----------------------------------------
南は久米島,北はサハリン,そして青銅器。
頭と首は回らないが,目はクルクル回る。。
されど手だけはなんとか動かす。


中原中也詩集 (新潮文庫)
中原 中也 / / 新潮社


中原中也は30歳の若さで他界した。
とりあえず,ポケットに入れてみた。

ところで やはりこの時期,研究会は目白押しですな。

[古代官衙・集落研究会の研究集会]
【テーマ】「古代地方行政単位の成立と在地社会」
【日程】 2007年12月14日(金)・15日(土)
【場所】独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂
【詳細】http://www.nabunken.go.jp/topics/kanga/20070910/annnai20070910.pdf
Say-noさん,どんな発表されるのかなぁ?

[遺跡GIS研究会]
【日程】2007年11月30日13時~
【場所】独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂
【詳細】http://d.hatena.ne.jp/Say-no/20071114/1195052678
測量のご発表を拝聴したいなぁ。

[人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」]
【テーマ】デジタルアーカイブと時空間の視点
【日程】2007年12月13日(木)9:45-18:00・14日(金)9:30-16:50
【場所】会場:京都大学 京大会館
【詳細】http://www.ipsj.or.jp/09sig/kaikoku/2007/S-CH2007.html
野外調査におけるモバイルGISの有用性について,興味アリアリです。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-16 23:32 | 研究のこと

帰り道

e0024206_21591880.jpg

ふぅ~

これから夕飯の支度
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-15 21:59 | 日々の彼是

出雲で

多くの方にとてもお世話になりました。

E大学のY先生には何から何まで本当に大変お世話になりましたし,
Mさんをはじめ,県立古代出雲歴史博物館の皆様には色々のご高配を賜りました。
現地を踏みしめてこそ,初めて得られる感覚。
なにやらキュピーンときたぜ!
たくさんの「おぉぉぉぉ~!」をありがとうございました。

この御恩は
良質な研究と論文で恩返しするしかないのだ!
と叫んでみる。

今回の日程は以下の通りだったのでした。

朝4時半起床・・・荷造り・・・5時30分電車飛び乗り・・・7時過ぎ羽田着
8時15分羽田発・・・9時50分頃出雲空港着
Y先生の御車で加茂岩倉遺跡・・・荒神谷遺跡・・・田和山遺跡・・・昼食・・
・・鹿島歴史民俗資料館・・・佐太神社・・・志谷奥遺跡・・・堀部第1遺跡・・・青木遺跡
と巡りました。

夕方からは四隅突出墳丘墓のシンポジウムに参加。
シンポジウム終了後,打ち合わせ。
打ち合わせ終了後,シンポジウムの懇親会に途中参加。

翌日午前中は島根県立古代出雲歴史博物館の見学と打ち合わせの続き。
昼食後,出雲大社へ。午後から再開。
3時半過ぎ,Y先生に空港まで送っていただいて,一路東京へ。
空港の御土産屋さんで素敵な御土産までいただいてしまいました。
それを一目見て,思わず「おぉっ!」

盛りだくさんで実りの豊な1泊2日でした。
さぁさぁ,栄養補給もしたし,頑張るのだ!
------------------------------------
田和山遺跡
e0024206_18405077.jpg

昼食の鰻
e0024206_1841151.jpg

堀部第1遺跡
e0024206_18433875.jpg

青木遺跡
e0024206_18414817.jpg

島根県立古代出雲歴史博物館
e0024206_18444552.jpg

昼食を食べた蕎麦処
e0024206_1845819.jpg

割り子そば
e0024206_18451953.jpg

出雲大社
e0024206_1845421.jpg

銅鐸形酒器
e0024206_18455571.jpg

[PR]
by hrs-blog | 2007-11-13 19:05 | 研究のこと

「中世港湾都市遺跡の立地・環境に関する日韓比較研究」研究報告会

研究報告会の案内をいただきましたので、
お知らせいたします。

-------------------------------------
村井章介代表「中世港湾都市遺跡の立地・環境に関する日韓比較研究
(文科省科学研究費特別推進研究)の研究報告会
を以下のスケジュールで行いますオープンな会ですので、
皆様のご来訪をお待ちしております。
参加費は無料です。

文部科学省特別推進研究
中世港湾都市遺跡の立地・環境に関する日韓比較研究」研究報告会

<日時>:12/8(土) 13:00~17:30
<場所>:名古屋大学国際開発研究科5階第6演習室
http://www.nagoya-u.ac.jp/camp/map_higashiyama/の46番)

<プログラム>
13:00開会の辞(村井)
13:05村井章介「港町のできる場所-日韓の比較から-」
13:45鹿毛敏夫「中世都市の水辺空間」
14:25高橋公明「済州島における連陸浦と『耽羅巡歴図』」
15:05休憩
15:20榎本渉「日宋・日元交通における高麗―仏教史料を素材として―」
16:00李領「14世紀の東アジアの国際情勢と倭寇―恭愍王15年(1366)の禁倭使節の派遣を中心に―」
16:40岡本真「15・16世紀の日朝通交における三浦と通事」
17:20閉会の辞(村井)
17:30終了

*各報告30分、質疑応答10分

<アクセス>
名古屋駅からの場合:地下鉄東山線で名古屋-本山(名城線乗り換え)-名古屋大学
中部国際空港からの場合:名鉄で中部国際空港-金山。地下鉄名城線で金山-名古屋
大学
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-13 11:07 | 研究のこと

青銅器出土地巡り

現地を歩いて初めて分かること,いっぱい。

-----------------------------------------------------------------
加茂岩倉遺跡(緯度35°21′35.2″ 経度132°52′59.9″)
e0024206_029797.jpg

荒神谷遺跡(緯度35°22′35.4″ 経度132°51′08.4″)
e0024206_038261.jpg

e0024206_0295046.jpg

志谷奥遺跡(緯度35°31′01.0″ 経度132°59′28.1″)
e0024206_031147.jpg

遺跡の緯度経度は,GarminのGPSmap 60CSを使用。
何れも出土地直近で座標を取得。
表記は60進法。
測地系はWGS84。


遺跡の位置情報を使って遊んでみたい方は,どうぞどうぞ。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-12 00:53 | 研究のこと

いざ出雲

e0024206_7541476.jpg

珍しく余裕をもって羽田着。

あっちは晴れかな。
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-11 07:54 | 具志川城跡調査のこと

島根へ

昨日は東京神保町で開催された東方学会に参加。
シンポジウムⅠ. 都市・墓・環境をめぐる歴史的空間―文理融合による日中比較
http://www.tohogakkai.com/57kaiinnsoukai.file/57soukai.html
シンポジウムは盛況のうちに閉じ,御茶ノ水で研究者の方々と一杯。
たくさん笑っていい夜でした。

明日は朝一番で島根へ。
青銅器とその出土地を見てきます。
楽しみだ。


せっかくたくさんの方に見てくださっているブログなのに,更新が少ない今日この頃。
もう少し余裕ができたら,ぼちぼちピッチをあげたいと思っています。
--------------------------
旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記[全集 日本の歴史]
松木 武彦 / / 小学館
ISBN : 4096221015


・大阪府立弥生文化博物館2007『平成19 年秋季特別展図録 日向・薩摩・大隅の原像-南九州の弥生文化-』
・大学考古学研究交流会実行委員会編2007『第6回大学考古学研究交流会発表要旨集』
[PR]
by hrs-blog | 2007-11-10 23:31 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧