「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

代わりになるものは色々ある

研究室の壊れたPCを直して使えるようにしました。
OSはWindows XPだけれど、

ブラウザはFirefox
メーラーはThunderbird

文書作成や表計算などのオフィス系ソフトはOpenOffice
ラスター形式のグラフィックソフトはGIMP
ベクトル形式の画像を作成するソフトはInkscape
地図を見るにはGoogle Earth/NASA World Wind
表計算ソフト上の地域統計データを地図化するにはMANDARA

とりあえず,これだけ入れてみた。
すべて無料。
大半のことはできるでしょう。
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-31 16:42 | 研究のこと

脱がされる自分

なんだかおもしろそうなソフトを見つけた。
「筆蝕」とはまた違うのだけれど。
これはこれで。

TypeTrace
http://dividual.jp/project/typetrace/

-----------------ソフトの紹介文
TypeTrace(タイプトレース)は,コンピュータ上でのタイピング行為をその時間情報とともに記録し,再生するソフトウェアです.

日常のメモから小説の執筆に至るまで,TypeTraceによって可視化される思考と記述の轍(わだち)には,情報に対するわたしたちの分解能が増幅する可能性が存在しています.
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-31 02:35 | 日々の彼是

公開シンポジウム「生産と権力、職掌と身分」

日本史研究室に行ったら、公開シンポジウムのポスターが掲示されていた。
行けないけれど、資料だけでも入手したいな。

-----------------------------------------------------
國學院大學文学部共同研究 公開シンポジウム 

【テーマ】 生産と権力、職掌と身分 ―社会階層形成の歴史学研究―

【日程】 2008年2月10日(日)・11日(祝)

【会場】 國學院大學会議室02 (若木タワーB1F)

【趣旨】 社会階層化がいかにして発生し、権力形成につながったのかという問題を考察するために、とくに身分制度や権力構造と結びついた生産組織や職掌集団に着目し、それらが権力の形成・維持に重要な機能を果たしていた点を、歴史学的に明らかにする。
原始・古代社会における権力の形成と維持のシステムは、レガリアとなる威信財やその生産・配分が重要な役割をはたし、また親族身分と職掌とが不可分に結びつくなど、生産・技術・職能集団と切り離せない側面を有している。このシンポジウムでは、社会の階層化、王権の発生、古代国家形成へとつながった歴史的なプロセスを、政治的な上部構造の観点からではなく、生産・職掌集団というより基礎的な社会構造の観点から考察する。
 日本の原始・古代・中世、ならびに中国・インド・ギリシア・アンデスなどの各分野の専門研究者による研究発表および討論を行う。研究分野は個々に異なるが、とくに次のような問題を共通の論点にしたい。
 
①生産・技能・職掌集団の管理が、権力の形成・維持にどのように利用されていたか。
②特殊な技術・技能集団が、身分制度の中にどのように位置づけられていたのか。
③生産や職掌は、社会階層化の過程にどのように作用したのか。



【報告】
第1日 2008年2月10日

12:30 開場 受付開始
13:00 開会挨拶・趣旨説明
13:15 ①縄文時代の祖先祭祀と社会階層化:谷口康浩(國學院大學) 
14:00 ②弥生・古墳時代における手工業生産の展開と特質:古谷 毅(東京国立博物館)
14:45 ③古墳時代の大王と地域首長の服属関係:佐藤長門(國學院大學)
15:30    ―休憩―
15:45 ④古代日本の渡来人と技術・技能移転:鈴木靖民(國學院大學)
16:30 ⑤日本古代の手工業生産と組織:吉田恵二(國學院大學)
17:15 ⑥奈良・平安時代の贄とその貢納:佐藤全敏(信州大学)
18:00 終了

第2日 2008年2月11日
8:30 開場
9:00 ⑦日本中世における商人身分の形成とその特質― 物流の観点から ―:鍛代敏雄
(國學院大學栃木短期大学)
9:45 ⑧中世初期の窯業集団と地域権力:吉岡康暢(国立歴史民俗博物館)
10:30    ―休憩―
10:45 ⑨中国古代の青銅器生産と組織:岡村秀典(京都大学人文科学研究所)
11:30 ⑩古代アンデス社会におけるエリートの誕生:関 雄二(国立民族学博物館)
12:15    ―昼食・休憩―
13:15 ⑪古代ギリシアのポリスと商手工業:古山正人(國學院大學)
14:00 ⑫「カースト」の構造と機能―族譜・家系資料を手がかりとして―:藤井 毅(東京外国語大学)
14:45    ―休憩―
【総合討論】 15:00~16:30 司会:鈴木靖民・谷口康浩

16:30 閉会

【交通】
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28 國學院大學
        渋谷駅より都バス「学03系統日赤医療センター行」で國學院大學前下車

詳細は、國學院大學史学科ホームページの新着情報から
http://www2.kokugakuin.ac.jp/letters/history/kouenkiroku/kouenkiroku2007/bunngakubusimpo20080210.htm
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-30 17:20 | 研究のこと

変り種

世の中には、“ラーメンプリン”なるものがあるらしいですよemoticon-0126-nerd.gif

さて、プリン好きはどうする?
-------------------
「ラーメンプリン」「2リットルメガプリン」-金沢「プリン博覧会」に登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080129-00000000-hsk_kz-l17
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-29 19:52 | 日々の彼是

昨日、御茶ノ水で

昨日は御茶ノ水で研究会。
内容の濃いものでした。

懇親会は研究会第2部のようなかんじで、
こちらでも色々と学ばせていただく。
周りは論文などでもお名前をみる研究者。
小心者の僕は緊張しっぱなし。
なんとなく諮問を思い出した。
なぜか研究会よりソワソワしたよ。

解散し、御茶ノ水駅方面に向かいながら1人プハーと息をつく。
研究会は懇親会とセットですな。
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-27 19:04 | 研究のこと

アンテナ広げていきませう

e0024206_2326219.jpg

試しに大まかな宿題リストを作ったら,モニターが“耳”だらけ。
“耳”があることは有り難いことだけれど,
自分自身のやりたい事も大事にするのである。
あと3つほど生えているのだけれど,それは机に貼った。


さぁ 明日はM大で研究会であーる。
しっかり学ぶのであーる。

e0024206_2340611.jpg

ところで,この前気分転換に何の気なしに立ち寄った
町田駅のプラネタリウムが3月に閉館するらしい。
プラネタリウムなんて,たぶん小学生の時以来。
手作り感があって,けっこう,いや,かなり良かったんだけれどなぁ。
なんといっても,ヤツの佇まいがかっちょ良いではないか。

一応,考古学を専門とする大学院生のブログなのであーる。
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-25 23:47 | 研究のこと

渡る世間は師資ばかり

今年度も残すところ10週ですね。

e0024206_18393010.jpg

昨日はボタボタとした雪が降りましたが、
今日は快晴。洗濯物は乾いたかな。

先週末は、
あかねださんがわざわざ山奥の大学まで足を運んでくださり、
色々とご教示を賜りました。
研究者・地元の方々が協力して地域の歴史遺産を大切に活用されている。
すばらしいッス。

一昨日の火曜日は、
駒澤大学にて、先日行われた大学考古学交流会の反省会。
会の進行や内容、準備などなど、多くのことを学ぶ。
反省しきりで、多摩の山奥にたどり着いたのは
午前0時をまわっていたとかいないとか。

今度の土曜日には、考古学研究会関東例会がある。
なにやら新潟から富山のときの後輩が来るらしい。
静岡からも来るみたいだし。熱心だな。

Archaeo-GIS Workshopのメンバーも熱い。
たとえば、
gocitoさんは大学に新しくコースをつくるための活動をしている。
Yasknさんは神津島での野外実験を計画して実行、結果の発表準備をしている。
3月にその実験結果の検討会をするけれど、会の準備に関するレスポンスが早い早い。

なによりも、この前のシンポの2次会で聴いたS田くんの言葉がとても印象的だった。
「研究がおもしろくてたまらない。御飯を食べる時間がもったいない。」
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-24 18:58 | 研究のこと

日本第四紀学会主催シンポジウム 「考古遺跡から何がわかるか?: Geoarchaeology」

2008年2月2日(土)には、
日本第四紀学会主催シンポジウム 「考古遺跡から何がわかるか?: Geoarchaeology」
が開催されますね。

-- 以下引用(一部編集)--

[趣 旨]
考古遺跡は、過去の多様な人間活動と複雑な埋没後プロセスを経るため、提示された調査研究成果はほとんどの場合、 断片的にならざるを得ない。年代、人間行動、遺跡景観といった基本的な点さえ復元できないことがしばしばである。 近年、過去の人間?自然相互作用環の復元が求められるようになっているため、 これらの詳細な分析と再構成がますます重要性を増している。 このような研究目標を達成するための地考古学の具体的な取り組みを報告し、その有効性について議論する。

[会 期] 2008年2月2日(土)13:30~17:00
[場 所] 東京大学法文2号館1番大教室(本郷キャンパス)
[その他]
参加費は無料で、事前登録は必要ありません。
(ただし、講演要旨集は有料となる可能性があります。)

[プログラム(案)]
・地考古学が考古学に果たす役割
・大阪府河内平野における地形形成と土地利用の関係-池島・福万寺遺跡の検討-
・武蔵野台地における旧石器時代遺跡の形成過程-下原・富士見町遺跡を中心に-
・北海道上幌内モイ遺跡旧石器地点の自然形成過程
・北海道上幌内モイ遺跡旧石器地点の文化形成過程
・地考古学実践の課題について-火山灰編年学の立場から-
・第四紀学からのコメント(町田 洋)
・総合討論

-----以上-----

詳細は、日本第四紀学会|イベント情報で。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/qr/event/qr.html#kouko
中でも2番目の池島・福万寺遺跡のご発表が気になります。

ただ、この日は兵庫県姫路市で、
第9回播磨考古学研究集会「弥生墓からみた播磨」があるんだよね~。
http://int-arc.net/harimasite/yokoku.html
どーするよオレ!emoticon-0126-nerd.gif
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-19 16:05 | 研究のこと

日本情報考古学会チュートリアルセミナー

お邪魔するといえば,
日本情報考古学会のチュートリアルセミナー。
これにも参加申し込みをしました。
今から楽しみemoticon-0100-smile.gif

以下,またもや引用。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
-チュートリアルセミナー-
今大会では、近年情報考古学の分野で注目を集めている、
①遺跡立地や遺物分布の解析に関するGIS(地理情報システム)や空間統計学の応用、
②レーザープロファイラやスキャナを用いた遺物や遺構の3Dデータの取得や解析、
③遺物の計測値や文化財科学分野での測定値などに関する記述統計・推計統計や多変量解析の基本と応用、
という3つのテーマでチュートリアルセッションを開催したいと思います。
これらのセッションでは、実際のデータ取得からデータ処理まで実習形式で実施し、
参加された方々のスキルアップを情報考古学の講師陣がフォローいたします。

★日時:平成20年3月23日(土)
10:00 ~ 17:00(予定)
★場所:同志社大学京田辺キャンパス夢告館4F実習室
※参加人数により会場を変更する場合があります。
★セッション① GIS・GPSの利用と空間統計処理
講師:寺村裕史 先生(ほか予定)
(総合地球環境学研究所)
★セッション② 3Dスキャニングとデータ処理
講師:今野晃市 先生(ほか予定)
(岩手大学工学部)
★セッション③ 計測・測定値の多変量/定量データ分析
講師:津村宏臣 先生(ほか予定)
(同志社大学文化情報学部)

申し込み方法など,詳しいことは,
日本情報考古学会ホームページ,
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/JSAI/
の大会案内〔会報第23号〕にあります。
僕は一応会員ですので,何かあれば連絡くださいませ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで

3月は京都・奈良方面に2度も行く予定に。
こりゃぁ,鹿と大仏でも見てくるかemoticon-0140-rofl.gif
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-19 15:30 | 研究のこと

第2回DDCHポスターセッション公募案内

あっという間に今日もこんな時間emoticon-0141-whew.gif

前々から測量調査や分布調査でArcPadを試してみたいなと思っていて,
新しいPDAが出るのを待っていたのだけれど,
そろそろ出そうな雰囲気。

HP iPAQ 112 Classic Handheld
http://h50146.www5.hp.com/products/handhelds/pocketpc/112classic_handheld/
の上位機種を入手したいな。

--------------------------------
ところで,
第2回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ
ポスターセッションの公募がされています。

詳細はこちら。
寧楽の手向に : DDCH第2回ポスターセッション公募
http://blog.narayama.org/?page_id=267

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。以下引用

趣 旨:
 コンピュータやインターネットを中心に、情報通信技術の発展と普及が進み、
デジタル情報を誰でも利用することができるようになってきました。
レーザ計測やデジタル写真測量などの計測技術も急速な進歩を続けています。
文化遺産の修復、保存や考古学、歴史学、建築学などの分野においても、
新しい技術を利用した文化遺産のデジタルな記録・保存(デジタルドキュメンテーション)と、
新しい表現技術(ビジュアライゼーション)による利活用、
公開の重要性に対する認識が高まっています。
今日ほど関連諸分野の連携が求められる時は無いと言っても過言ではないでしょう。

 本ワークショップは、このような諸分野の連携の増強をめざして、
文化遺産のデジタルドキュメンテーションとその利活用に関わる研究者、実務者、行政担当者らの情報交換と交流の場を提供しようとするものです。
2007 年9 月に第一回のワークショップを開催し、100 名を越える参加者を得て、
活発な議論・交流が行われました。この成功を受けてこのたび第2 回を開催する運びとなりました。
そこで、口頭発表以外にポスターセッションを公募することと致しました。

 また、本ワークショップは、2009 年に京都で開催される国際会議CIPA* に向けて、国内の関係者の連携を発展させようとするものであり、本ワークショップ後も継続して開催し、さらに拡大していく予定です。 

*CIPA (International Committee for Architectural Photogrammetry、http://cipa.icomos.org/) は、ICOMOS (International Council on Monuments and Sites) の国際委員会のひとつであり、ISPRS (International Society for Photogrammetry and Remote Sensing) と共同で1968 年に設立された。CIPA は、最新の計測技術および表現(ビジュアライゼーション)技術の導入と普及による、文化遺産のドキュメンテーションと利活用の手法の改善をめざした諸活動を推進している。2 年に1 度、国際的な学術成果の発表を含む総会が開催され、2007 年はアテネ、2009 年は京都における開催が決定している。

1. 発表資格:
 文化遺産のデジタルドキュメンテーションとその利活用に関わる研究者、実務者、行政担当者、大学院生、学生等であれば、資格は問いません。
2. 開催日程・場所
 2008 年3月8日(土)・9日(日) 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所平城宮資料館講堂・小講堂
3. 申込方法:
 申込締切は、2008 年2月6日( 水) です。発表者は締切日までに発表者、所属、論題、アブストラクト(数行)をそれぞれ日本語および英語で作成の上提出してください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで

ポスターの申込締め切りまではあと3週間近くあるし,
準備はできるんじゃないかと。
僕は第1回に引き続き,お邪魔するつもりです。
[PR]
by hrs-blog | 2008-01-19 03:19 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧