考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カシミール3Dの基盤地図情報(標高)プラグイン出てます

前々回の記事でコメントをいただいたので,
カシミール3Dのホームページをみていたら,
3月20日に基盤地図情報(標高)プラグインが公開されていました。
とても早い対応ですね。
使われる方も多いのでは。

カシミール3D ホームページ
http://www.kashmir3d.com/

カシミール3D 基盤地図情報(標高)プラグインVer 1.0.0
http://www.kashmir3d.com/kash/kashget.html#plugin_fgddem
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-22 16:23 | 日々の彼是

ウズベキスタンのお土産をいただく

e0024206_15383846.jpg

ウズベキスタンから来ている研究者にお土産をいただきました。ありがとうございます。
この土産の絵もまた,ふと,あちでの経験を想い起こしてくれます。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-22 16:03 | 日々の彼是

Tokyoに行ってきました

e0024206_20524617.jpg

上野公園では,桜が咲き始めていました。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-14 20:52 | 日々の彼是

明日は東京国立博物館へ

明日は東京国立博物館へ行きます。

観光ではなく,お仕事で。


ーーーーー
それにしても,牛タンはなぜか贅沢な感じがする食べ物だなぁ。

e0024206_2318051.jpg

e0024206_23175133.jpg


[PR]
by hrs-blog | 2009-03-11 23:25 | 研究のこと

結婚式のために仙台へ

結婚式のため,仙台に行ってきました。
本当に良い式でした。
それしても,,,いいもんですなぁ〜。


ところで,
前日入りした僕は,まず仙台市在住の先輩と
先達(酒とラーメンと考古学!:  http://tmat.exblog.jp/6964066/)に倣い,
朝日屋に行ったところ,かなり良かったので,
披露宴と2次会を終えた3次会で,10人くらいでまた行きました。


朝日屋。

e0024206_2340292.jpg

e0024206_23363294.jpg

[PR]
by hrs-blog | 2009-03-10 23:47 | 日々の彼是

仙台に到着

e0024206_16284594.jpg

家を出てから四時間ちょいで仙台に到着。

さて、何食べますか。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-07 16:28 | 日々の彼是

仙台へ

e0024206_148551.jpg

これから仙台へ行きます。後輩の結婚式なんです。

牛タンも待ってるゾ。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-07 14:08 | 日々の彼是

眼鏡を新調する

e0024206_2341542.jpg


インドから帰って大きな買い物をしました。
それは,眼鏡です。

先代の眼鏡は5年以上前に購入したものでしたから,
キズやフレームの色落ちが目立っていましたし,度も少し合わなくなっていました。
花粉症の季節ですし,眼鏡の着用の頻度も高くなることだし。。

今回の眼鏡はフレームに塗装が施されていないのを選択し,
レンズも薄めのものにしました。

フレームにレンズをつける前に,顔にフレームを合わせて調整,
1時間半後にできあがり。
受け取りの際,店頭で顔に合わせて微調整してもらいました。
付け心地もピタッとしてます。

眼鏡を購入したのは,
さとうさんのブログ記事にある
http://blogs.dion.ne.jp/pensiero/pages/user/search/?keyword=%B4%E3%B6%C0
このお店。

記事を拝見したときから,
いーなーと思っていたんですよ。

たしかに3万円以上しましたが,
なるほど,
「あると思います。」
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-07 00:06 | 日々の彼是

日本全国の10mメッシュ(数値標高モデル)を使う。その2

さてさて。
需要があるのかどうか,微妙なところですが,,。
少なくとも僕には必要なものだから,備忘録として書いておきます。


(1)データのダウンロード
基盤地図情報ダウンロードサービス
http://fgd.gsi.go.jp/download/

から,

ファイル形式 JPGIS 2.0形式( もしくはJPGIS 2.0 (GML) 形式) を選び
下の方にある
基盤地図情報(数値標高モデル)

(a)地図から選択
10mメッシュ(標高)の右にある”地図から選択10m”をクリック
欲しい部分の地図のメッシュを選択してダウンロードします。

(b)番号から選択
または,
10mメッシュ(標高)の十字ボタンをクリックします。

そしたら,データが欲しい県にチェックを入れて,
上にスクロールして”選択して次へ”をクリックします。

次に表示されるファイル名で欲しいヤツを”ダウンロード”します。

ファイル名の FG-JPS- に続く数字部分は
下記URLに示される地図に付された番号に対応します。
 
マップコンシェルジュ株式会社
コンシェルジュ特製のおすすめデータ&ツール 「標準地域メッシュ」
http://www.mapconcierge.jp/o/data/meshcode.html

もしくは,同サイトのGoogle Earth用データを使って確認すると簡単です。
・Google Earth用データ(KMZ)
http://www.mapconcierge.jp/o/data/meshcode/2ndStdMesh.kmz

たとえば,

FG-JPS-5338d-DEM10B.zipなら
5338に対応します。


目的のファイルをダウンロートして解凍します。

(2)変換
このままでは,既存の多くのGISでは使えないので,データを変換します。

変換には,以下からダウンロードしたプログラムを使いました。

ソフト公開のページ (三匹のウリボウ)
http://fgd.gsi.go.jp/download/GsiDLListFileServlet
(じゃなかった。上↑は間違い。正しくは下のURLです。2009年3月7日訂正)
http://space.geocities.jp/bischofia_vb/

使い方は,

同サイトの使い方をご覧下さい。
http://space.geocities.jp/bischofia_vb/FGDDEMConv/Manual.html

このプログラムは,
BIL形式+ヘッダ情報(*.HDR)やIGRASS ASCII形式で出力するものです。

このプログラムを使うと,日本全国の10mメッシュ(数値標高モデル)を,ArcGISやIDRISI,GRASSで読み込むことができます。

おそらく,そう遠くない時期にカシミール等でも読み込めるようになるはずです。


記事を2つに分けたり,"その2"の記事UPまでに時間がかかったのは,
もったいぶったわけでもなんでもなくて,
無料でデータを変換して利用するための情報が少なかったのと,
変換ソフトを自分で試して真偽を試してから記事にしたかったのです。

こんなので苦労するのはアホらしいし,誰かが書けば無駄な時間の消費は終わること。
有意義に時間を使って研究して,意味ある成果をつくりたいものです。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-06 22:21 | 研究のこと

3月3日。雪と梅

e0024206_192135.jpg

雪と梅はあう。
昔の歌にもみえる。
[PR]
by hrs-blog | 2009-03-04 01:13 | 日々の彼是

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧