「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第5回Archaeo-GIS Workshopのお知らせ

Archaeo-GIS Workshop が東京で開催されます。

取り組むテーマを開催趣旨から勝手に妄想させていただくと,
ズバリ
「写真と撮影場所のフュージョン(fusion)」。
ちなみにフュージョン(fusion)とは,
そう,「オッス! オラ悟空」の世界のそれである(この説明,半分くらい嘘ですから)。


考古学のフィールド調査だけでなく,
民俗学や人類学・動物学や農学や...云々の調査もいいけど,
生活に密着した身の回りの出来事や風景を方法としても使えそうですね。
その“場”に在るから“それ”,なのであって,切り離されたら“それ”ではなくなる,“それ”。

訳の分からぬ事を言い,またもや脱線していましたねemoticon-0141-whew.gif
ワークショップの日時は,2009年の6月6日(土)午前10時から。
スタート場所は,江戸東京たてもの園。
江戸東京たてもの園のホームページによれば,
園内には江戸時代から昭和初期までの復元された建造物が立ち並んでいるそうです。
これら建造物を撮影するんじゃないかしらん。などと予想します。

誰でも無料で参加可能とのこと。
デジタルカメラは持っていくこと。
GPSは貸してくれるので,持っていなくてもOK。
でも,GPSを持っている人は持ってきてくれたら,
主催者の人たちはきっと嬉しいはずです。

ーーーーーーーーここから転載。
第5回Archaeo-GIS Workshop
「集合!写真と位置の仲人達」

今や野外調査に欠かせないツールとなったデジタルカメラとGPS。
この2つのデジタル情報を、どのように結びつけることができるでしょうか。
今回のワークショップでは、撮影した画像にGPS位置情報を付与する
方法について、実際にフィールドで機器を操作しながら学びます。

日時:2009年6月6日(土)午前10時から
場所:午前の部(ソトシゴト) 江戸東京たてもの園(http://tatemonoen.jp/)
    午後の部(ウチシゴト) 東京工業大学大岡山キャンパス(http://www.titech.ac.jp/)
対象:考古学やGISに関心のある方ならどなたでも。
参加費:無料(交通費・入園料・食事代等は自己負担でお願いします)
持ち物:当日はデジタルカメラをご持参ください。
参加申込・問い合わせ先:阿児雄之(akoあっとまーくarchaeo.cs.titech.ac.jp)
申込締切:2009年6月3日(水)

ちらし
カラー版: http://archaeogis.googlegroups.com/web/AGISW5th_c.pdf
モノクロ版: http://archaeogis.googlegroups.com/web/AGISW5th_bw.pdf
ーーーーーーーーーここまで。
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-29 01:59 | Archaeo-GIS Workshop

研究室の窓辺

e0024206_229983.jpg

もうすぐ6月。
研究室の部屋の窓辺はこんなことに。
一歩外に出てみれば,緑があふれています。

そろそろ夏季の調査に向けて,準備です。

あーー,サッカーしたい。
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-28 22:17 | 日々の彼是

日本考古学協会第75回総会のインフルエンザへの対応

日本考古学協会第75回総会のインフルエンザへの対応について,
教えてくださるコメントやメールをいただいたので,
このブログでも,考古学協会で提示されている情報を転載させていただいて,お知らせします。

出先で便利な携帯電話からの考古学協会HPへのアクセスは,こちらになります。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaa2/i/index.htm

-----------日本考古学協会のHPより転載。
第75回総会は原則として予定通り開催されます。しかし、新型インフルエンザの影響次第では、早稲田大学キャンパスが閉鎖される事も考えられます。仮にそうなった場合、土曜日午前中の総会のみ別の会場(下記参照)で開催し、公開講演会や研究発表会等は中止と致します。

関東地域での新型インフルエンザの発生と日本考古学協会第75回総会について

 すでにご承知のとおり、新型インフルエンザが関東地域でも確認されました。
 今年度は総会会場として早稲田大学(早稲田キャンパス)を予定しておりますが、新型インフルエンザが今後さらに拡大することを危惧しております。その影響により、早稲田大学において全学休校等の措置がとられた場合には、下記により会場を変更して総会のみを開催することと致します。
 その場合には、5月30日午後の公開講演会及び31日の研究発表会等の諸事業は全て中止と致します。
 できうる限り当初の予定通り開催する方針ですが、今後もホームページで状況をご確認下さい。

予告(仮)

1. 代替予定会場:「スター研修センター御茶ノ水」
千代田区神田駿河台3-7 スター御茶ノ水ビル《Googleマップ》
03−5217−5577(コールセンター)
《アクセス》JR中央・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
2. 日  時:5月30日(土)午前9時から12時(8時45分開場)
3. 防止対策:新型インフルエンザの感染予防にはマスクの着用が有効です。参加される皆さまにはできるだけマスクの着用をお願いします。

--------ここまで。
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-27 22:48 | 研究のこと

第187回近江貝塚研究会の御案内

<重要>
大津市内で新型インフルエンザの感染が確認されたため,
下記の第187回近江貝塚研究会は,中止になりました。

2009年5月20日追記。

------------------
近江貝塚研究会(第187回!!)のお知らせをいただきました。
転載します。

報告者の久保くんとは,実は同じ大学を卒業していたりする。
加えて近江貝塚研究会は,前回出席させてもらい,質の高いコメントや雰囲気の良さに感銘を受けた。
行きたいけど,この日はお仕事で行けませぬemoticon-0106-crying.gif

ーーーーーーーー以下,転載です。
■日時:5月23日(土)午後1:30~午後6:00
■場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室
    http://www3.ocn.ne.jp/~shiga-mc/chizu-access.htm

■プログラム 特集「我々は何を学べるか?(3) 遺物の編年と機能の問い方を探る」
      
□研究報告1  長廻 友貴 『「在地化した船元Ⅲ式土器」とよばれる土器群について(仮題)』

要旨 今回扱うテーマは、縄文時代中期中葉~後葉に広域分布した船元・里木Ⅱ式土器の中でも、
特に岐阜県を中心に独自の発展を遂げた土器群についてである。
 東海西部では良好な出土状況に恵まれた資料は少数だが、先行研究では、主に口縁部の文様変遷と
隆帯の貼り付け技法に着目し3段階編年案が提示された。
 今回の発表では、さらに文様帯系統論の援用、文様属性の分類を用い、より精緻な変遷案を示すと
ともに、岐阜県内における分布傾向や、器形(特に口縁部)といった従来あまり指摘されてこなかっ
た点にも触れる。船元・里木Ⅱ式土器の分布の東端でどのような変移が生じているのか、土器
自身を観察すると共に、東海地方西部(今回は主に岐阜県)での位置づけを考えていきたい。

□研究報告2  久保 浩一郎 「打製石斧による穴掘り実験報告」
要旨 打製石斧は縄文時代を代表する石器であり、土掘り具としての機能が定説化している。
しかし、土掘り具としての使用実験はほとんど行われておらず、具体的用途は石器に観られる使
用痕からの推定が主体となっている。
 そこで、実際に打製石斧の製作から着柄、穴掘り実験を行うことで、打製石斧の機能性、石斧
形態による機能差の有無等について検討できるのではないかと考え、実験を行った。
 本発表では、製作から使用に至る過程での作業上の所見と、実験結果を報告したい。
(日本海航測株式会社)
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-19 18:16 | 研究のこと

考古学専攻生の生態を描く漫画「メッシュ!!」

ある晩,
モンゴルからこられた先生をはじめ,日本の研究者の方々と蕎麦屋に行きました。
今回は,そこで初めて知った漫画についてのお話。

その漫画の名は,「メッシュ!!」。
おそらく,発掘調査で使うこともある,“あの”メッシュです。

『Kiss+ 』という雑誌で5月から連載を開始したそうです。

----------------あらすじは,ココから
島育ちの一花は、大好きな仏像がたくさんある
奈良の大学に進学。
コレを機に引っ込み思案な性格も直したい!

でもでも大学には、なんだか変な人たちがたくさん・・・。

入学式当日から、考古学専攻の先輩に半ば拉致され、発掘現場の手伝いをすることに・・・

さてどうなりますか・・・
----------------ココまで
作者の小野直美さんのホームページからの引用。
http://www.coto2.info/

漫画の舞台は,奈良のN大そのものだそうです。
読んでみたいねえ。

現実の考古学専攻生の実態と離れすぎず,
現実にはないかもしれないが,
そこそこありそー,あるかもしれない,ありえる。
ってな具合な面白い内容であってほしい。

そして,何よりもヒットしてほしいと願うのでした。
[PR]
by hrs-blog | 2009-05-08 00:36 | 日々の彼是

モンゴルから来られた考古学研究者

今夜は奈良で,モンゴルから来られている考古学研究者のエンフトゥル先生とお会いしました。
もちろん僕だけでなく,他の先生や研究者の方々も一緒です。
短い時間でしたが,非常に興味深いお話もうかがうことができ,充実した時間でした。

土曜日に奈良大学で開催される先生の講演会が楽しみです。
講演資料のほんの一部を示していただいたのですが,いやあ,本当にすごい内容です。
写真や図もあり,分かりすく最新の成果をふまえた講演ですので,是非。

--------
奈良大学創立40周年記念 奈良大学文化財学科 特別講演会
講演会名:「モンゴル 草原の考古学」
講演者:アルタンゲレル・エンフトゥル 博士(モンゴル科学アカデミー考古学研究所)
日時:2009年5月9日(土) 14:40−16:10
場所:奈良大学 C棟205教室
司会:千田嘉博 先生(奈良大学 教授)
通訳:清水奈都紀 先生(奈良大学 講師)
主催:奈良大学

聴講無料

講演会についての前回の記事はコチラ

[PR]
by hrs-blog | 2009-05-07 23:36 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧