「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

南関東の弥生土器2~後期土器を考える~

e0024206_22131959.jpg

関東弥生時代研究会 埼玉土器観会 八千代栗谷遺跡研究会 編
『南関東の弥生土器2~後期土器を考える~』
シリーズ 考古学リーダー 16

ようやく手に入れた。
南関東弥生時代後期の土器関係の優れた論考と図が満載なのである。

この書籍は2008年1月に開催された「シンポジウム 南関東の弥生後期土器を考える」
の予稿集と討議の記録がまとめられたもの。
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-31 22:12 | 研究のこと

ロジクールのBluetoothマウス M555b

ロジクール Bluetoothマウス M555b

ロジクール


3年くらい使っていたマウスがつぶれた。
そこでBluetoothでつながるマウスを購入。
これ,けっこう便利。
USBポートが1つ空くのだ。


そういえば,ウズベキスタンでロジクールという名前のおじさんと一緒に調査したなあ。
ピバ(ビール)とウォッカが大好きな,陽気なおじさんだった。
去年は別の場所であったが,あいかわらず冗談ばかり言っていた。
今年もまた会えるか?
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-30 23:15 | 小道具的なもの

全国高校生歴史フォーラム。暗記じゃない歴史と地理がそこにある。

今年で3回目となる全国高校生歴史フォーラムでは,研究レポートを募集中。

どんな企画かといえば,

「このフォーラムは、全国の高校生のみなさんが調査・研究した歴史や地理の研究レポートを応募していただき、厳正な審査の上、優れたレポートをまとめた高等学校の代表者8組24名(優秀賞5組15名・佳作3組9名の予定)を奈良大学へ招待します。招待された高校生は研究成果を大学で発表して、歴史・文化財・地理などの専門家による研究レポートへのアドバイスを受けた後、伝統的な町並みを残す奈良町の宿泊体験をしていただきます。また、翌日には専門家と一緒に奈良の文化財を巡る特別な現地調査に出かけます。世界遺産である古都・奈良の魅力と、歴史・文化財・地理を研究する楽しさを実感していただけるでしょう。」
全国高校生歴史フォーラム2009 http://www.nara-u.ac.jp/forum2009/index.html より)

...というもの。

過去2回の受賞研究には,旧石器時代から現代までの様々なテーマがある。
それらの研究のテーマは,多種多様。
しかし共通点もある。

それは,
教科書に書かれているものや,すでに書籍化され世に出ているものを調べるだけではなくて,
自分たちが実施した調査を通じて考えているところだろう。

研究レポートの応募締切は,2008年9月10日(水)当日消印有効。

全国の地理や歴史の研究クラブで活動している高校生をはじめ,
「この企画,面白そうだ」と思った高校生は応募してみては?
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-29 23:42 | 日々の彼是

もうすぐ草原へ,だけど時間がバッコイなのだ!

タイトルの「バッコイ」は,モンゴル語で「〜が無い」という意味。
「今日も仕事がバッコイ」とか使うのだ。
いや,「バッコイ」というのは,
とある先生が日本語っぽく発音しただけで,
正確には「バッコイ」は間違い。
本当は「コイ」の部分は喉を鳴らすような感じなんだけども,
語感がおもしろいのでこれで覚えてしまったわけ。
ま,それはともかく...だ。

-----
今日から1週間後の8月4日(火)には,モンゴルで遺跡の調査をしていたりする。
学部1年(回)生だったあの頃の僕は,そんなことは夢にも思わなかったのである。

これまでの調査の概要はコチラ↓
モンゴルの契丹城塞都市チントルゴイ城址の調査
http://jinbunweb.sgu.ac.jp/~siberia/japanese/Chintolgoi_HP/index.html

夢にも思わなかった場所での調査も 今年でもう4年目。
毎回新たな知見を得ているが,
はて,今回はどんな成果を挙げられるだろうか。

もちろん,先生方によって遺跡の調査計画は練りに練られ,準備には余念がない。
だけど,人と自然の作用環の積み重なりは,どれ1つとして同じものなどなく
今回の調査によって,いままたどのような姿をあらわすか
それは誰にも分からない。

掲げた目的に対して,その時の最善を模索し,これを尽くす。
2度と同じ調査はできないし,同じ場面に出くわすこともない。
調査で露わになる,その時・その場所にしかない光景。
過去から現在までの時の断面を曝し,触れられ,また匂いすら漂わせることもある奇妙なシーン。

試行錯誤を続けても,未だその全てを未来へ伝えることはできないけれど
それでもどれだけのものを掴むことができるか,ずうっと足搔き続ける。
当たり前だけど,新しい技術や高価な道具が常に最良の手段とは限らない。
限られた環境の中で,色々組み合わせて工夫して,対象に最適化するのがおもしろい。
その姿勢の基本は,学部生の時に教えていただいたように思う。

国内外を問わず,どんな遺跡の調査でも,僕らはいつも一回性への挑戦者なのだ。
...なんつってー。


さて,そろそろ戻って目指すとするか。
宿題がバッコイな秋の休日を。


「調査の方法及性質の如何は,考古學者と弄古家との區別を生ずる所以にして,吾人は一切の科學的方法を以て,可及的に精細なる調査を行ひ,其の記錄を製するに努めざる可からず。」
濱田耕作2004「第三編 調査」『通論考古学【新装版】』129頁より。(初版は1922年刊行)
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-29 00:40 | チントルゴイ城址調査のこと

富山大学考古学研究室の夏の調査

富山大学考古学研究室が今年も夏の調査を実施するようです。

以下,手繰ヶ城山古墳の調査のご案内です。
『富大考古通信』第7号(http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/kouko/tsu-shin/tsu-shin.html
から,個人の連絡先を削除するなど一部改変して引用しています。

-----ここから。
今年度は昨年度に引き続き、永平寺町教育委員会のご協力を得て、福井県永平寺
町松岡志比界・法寺岡にある手繰ヶ城山古墳の測量調査を下記のように実施いたします。
何かとお忙しいこととは存じますが、ご来訪のうえ、ご指導を賜わりますようお願い申し
上げます。

遺跡の名前:手繰ヶ城山古墳
調査の期間:8月6日(木)から8月23日(日)ころまで
調査地の住所:福井県永平寺町松岡志比界・法寺岡 手繰ヶ城山古墳
調査の概要:墳丘および周辺部の測量調査
遺跡の概要:手繰ヶ城山古墳は、
葺石・段築・埴輪(川西編年Ⅱ期)を備える約129mの前方後円墳で、前期後半に比定される。
福井平野で最初に築かれた大型墳である。
これまでに2回の測量と、墳頂部のレーダ探査が行われている。

*ご来訪の際には上記連絡先(注:『富大考古通信』第7号に記載されています)まで
御一報下されば幸いです。
特に、終了時期について変更の可能性がありますので、ご注意ください。

*8 月13 日~16 日はお盆休みの予定です。
-----ここまで。

周辺地図


試しにどんなところにあるのか,確認してみた。
今のところ,冬に撮影された画像しかないのが惜しい。
e0024206_1919124.jpg

[PR]
by hrs-blog | 2009-07-27 20:33 | 日々の彼是

前期末

...といっても,土器の話じゃないですよ。

明日は大学前期最後の講義。
もしかしたら僕にとっても最後の講義になるかも。
そうはなりたくないけれど,どうなることかしらん。
とりあえず,中期・長期を見つめつつ,今為すべきことを頑張るのみだ。
...なんつって。

だから,,というわけではないが,(今回も)全力で資料を準備中。
講義を参加してくれているみんなには,
この講義の内容が,これから色々なことに考えたり取り組んだりするのに役に立つ,
ちょっとしたアイデアの1つにでもなれたらと思う。


講義が終わればすぐにモンゴル。
9月はウズベキスタンが待っているぞー!
10月も国際学会とか色々あるなー。
今年も盛りだくさんだ。
相変わらず体が資本だな−。

皆様も,夏バテにはお気をつけてくださいませemoticon-0139-bow.gif

コレ,電車の中で読んでます。

民俗学の旅 (講談社学術文庫)

宮本 常一 / 講談社


[PR]
by hrs-blog | 2009-07-26 22:59 | 日々の彼是

"Historical GISの地平"に行ってきた

「Historical GISの地平」シンポジウムに行ってきた。

あれこれの準備のため,午後の1セッションだけの拝聴だったが,
非常に魅力的な御報告とコメントだった。
家から30分の距離で,こんなお話を聞けるとはありがたいや,ありがたや。

それと嬉しかったことはもう1つ。
シンポジウムの資料はA4版300頁の大ボリュームなのに,
なんと資料代は超破格の500円だったのだ!emoticon-0170-ninja.gif
思ってもみなかった額に,ちょっとびっくりしてしまった。
e0024206_237161.jpg

このシンポジウムは,明日も開催されますよemoticon-0126-nerd.gif
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-25 23:12 | 研究のこと

「Historical GISの地平」シンポと近江貝塚研究会第189回研究会

明日(2009年7月25日)は,
「Historical GISの地平」シンポジウム
http://histgeog.exblog.jp/9695397/
を拝聴しに行く予定。


近江貝塚研究会第189回研究会もおもしろそう。
http://psyco.jp/ours/
研究報告1 久保浩一郎
「打製石斧による穴掘り実験報告」
研究報告2 中村 大
「景観を読み解く——スケールとコンテクストの概念を用いながら」

贅沢な悩みだ。
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-24 21:40 | 研究のこと

午後のひととき

今日は海の日。
しかも三連休。

夏休みを味わいたいところだけれど,
山盛りの宿題が僕を待ち構えていて,
あるいはお尻を叩きに走り迫って来ているからそうもいかない。

代わりに
家で淹れるコーヒーと甘いもので,午後のほっと一息。
豆は奈良駅近くの豆売り店(バンテン珈琲)から。
甘いものは新大宮駅近くの洋菓子店(La Pause)で。
うまー。
e0024206_2358562.jpg

・La Pause
http://r.tabelog.com/nara/A2901/A290101/29000208/
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-21 00:00 | 日々の彼是

初めての書評

今日から子どもは夏休み。
あっという間に夏だ。
うはー。

とある学術雑誌に書評を書かせてもらう機会をいただきました。

対象は,
小林謙一・国立歴史民俗博物館 編
『縄文時代のはじまり-愛媛県上黒岩遺跡の研究成果-』六一書房 2008年。
https://www.book61.co.jp/book_html/N02353/
e0024206_22344244.jpg

いくつかの学術雑誌の書評を参考にさせてもらいつつ進めるも,
初めてのことなので,どうしようかと試行錯誤中。

何か良い参考文献ありましたら,教えてくださいませ(・_・)(._.)
[PR]
by hrs-blog | 2009-07-18 18:12 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧