考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

仁川空港到着

時間があるので、免税店をまわる。
もちろん見るだけなんだけど。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-31 16:02 | Dabussya調査のこと

飛んで飛んで飛んで

e0024206_9431164.jpg

もうすぐ関西国際空港。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-31 09:43 | 日々の彼是

第58回埋蔵文化財研究集会「弥生時代後期の社会変化」

9月には,とても行きたい研究会がいくつかあるのですが,
あいにく遠くにいて,行けません。

そのうちの1つがこれ。

第58回 埋蔵文化財研究集会 「弥生時代後期の社会変化」
開催日 2009年9月12日(土)・13日(日)
場所 兵庫県立考古博物館

御報告は8本。
弥生時代後期の集落,集落の内部構造,住居構造,墓,鉄器生産,農業生産などがあります。

詳しくは,
大手前大学史学研究所オープンリサーチセンターの文化財トピックス等をご覧ください。
http://shigakuorc.nc.otemae.ac.jp/blog/2/data/4/


後日,資料だけでも獲得しよう。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-30 21:38 | 研究のこと

明日からウズベキスタンへ

明日(8月31日)から9月30日まで,ウズベキスタンでシルクロード都市遺跡の調査。
今度の調査を無事終えたら,
10月11日から15日まで,京都で開催されるCIPA2009国際シンポジウムが待っている。
http://www.rgis.lt.ritsumei.ac.jp/cipa2009/Index-j.html

調査の準備はだいたい終えた。
今年もどんな調査になるか,楽しみだ。
あとは,むこうで取り組む宿題の準備だな042.gif

e0024206_20515177.jpg

海外長期調査用にと,SIMロックフリーの携帯電話を購入。
iPhoneではなく,Google Phoneにしてみました。
HTC HERO という携帯電話です。
Gmail やGoogleMapが利用しやすいのが,選択した理由。
すっかりGoogle漬けです。

日本語入力は,無料のアプリをインストールすれば,可能になります。
カメラはもちろん,GPSや地磁気センサーもついています。
これを使って,現場からでも記事を更新できるか,やってみます。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-30 20:56 | Dabussya調査のこと

第190回近江貝塚研究会

近江貝塚研究会(http://psyco.jp/ours/)から研究会の案内をいただきました。


それにしても、200回の蓄積は素晴らしいですね。
関係者の方々の熱意と行動に、感服しています。


以下、転載します。
-----とうとう200回記念まで1年を切りました。---   
・いつもお世話になっております。第190回8月例会の日程と概要をお知らせします。
 懇親会(会費4000円前後)もございますので、親交拡大にご活用下さい。

・大変恐縮ですが、先生方におかれましては、ゼミの学生さん等、発表内容に関係なされる
 生徒さまにも案内を御紹介頂けますと幸いです。

・インフルエンザや台風などで行政指導により急遽中止になることもあり得ます。
お出かけ前に、
貝塚研ホームページ(http://psyco.jp/ours/)のトップもしくは掲示板などでご確認頂けますと幸いです。
------------------------------------------------------------------------------------------
■日時:9月5日(土)午後1:30~午後6:00 
8月例会ですが9月の第1土曜日に開催します。

■場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室
    http://www3.ocn.ne.jp/~shiga-mc/chizu-access.htm

■プログラム 「特集:技術から社会を問う―遺物から見た社会―」
      
□研究報告1  遠藤 仁 「方法論としての石器製作技術-エジプトの石器分析を事例として」

要旨
技術論を分析の中心に据え、どこまで社会復元ができるかを問う。
主に新石器時代以降の複合社会を視座に、
技術論的知見からライフヒストリー、
動作連鎖をキーワードに加えて研究のフレームワークの一例を提示する。
分析事例としてエジプト先王朝時代(前4千年紀)の
Hierakonpolis遺跡(上エジプト)と第3中間期(前1千年紀)のAkoris遺跡(中エジプト)という、
空間も時間も隔たりのある遺跡を用い、研究の汎用性を問いたい。(総合地球環境学研究所)


□研究報告2  辻川 哲朗 『埴輪製作における倒立技法について』

要旨
埴輪の製作技術に関する研究は近年とくに進展をみた分野である。
モノの観察から製作技術を抽出・復原し、
そうした製作技術の分布から工人間の関係を読み解くという視点は、
埴輪工人を統括したであろう首長間の関係を復原するうえで大変重要である。
ただし、埴輪製作において特定の製作技術が選択されることの背景には、
工人間の交流以外にも様々な前提条件を考慮にいれる必要がある。
今回は、時代と地域を越えて出現する(ようにみえる)「倒立技法」に着目し、
その存在形態の背景に関して若干の検討を試みたい。(財団法人滋賀県文化財保護協会)
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-29 22:27 | 研究のこと

Mac Box Set 届く

e0024206_1850375.jpg


「Mac OS X v10.6 Snow Leopard」、「iWork '09」と「iLife '09」のセットが届く。

ウズベキスタン調査前に導入するか,
いや,待てよ
帰ってからにするか,
なんとも悩ませてくれる。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-28 18:54 | 日々の彼是

今年のモンゴル国チントルゴイ城址地形測量調査

今年のモンゴル国チントルゴイ城址の調査では,
チントルゴイ城址南門から南東約300mに位置する窯址の発掘調査の他に,
この窯址周辺の微地形測量調査も実施した。

窯址周辺の微地形を測量することで,
チントルゴイ城址と窯址群の間の地形や
付近に存在するいくつかの窯址の位置や規模(おおよそのものだけれど)を
把握しようとするものでありました。

ところで,
地形測量調査の人員は,1名。
,,,って僕一人ってやつです。


今年は,雨が降る日が多く,そんな日はたいてい強い風が吹いていたっけな−。
だいたい南北500m・東西200mの範囲の微地形を測り終えました。

今回の調査対象の範囲と,捉えたい微地形の高低差を考慮して,
水球付きの2mの棒を使う方法を選択。

そして窯址群の周辺は,基本的に細かく地形を測る。
特に地形が凸凹しているところは,そのカタチを捉えられるように,
目で見て足で触って頭でイメージをつくりつつ,測る。

↑平板測量であれ,トータルステーションによる測量であれ,基本は一緒ですね。


結果,
周囲の窯址群だけでなく,他のそれっぽいモノも捉えられたから,まずまずの成果かな。

データは昼休みと夕食後にゲルの中でGISを使って図化しておいて,次の作業内容を考えておく。
調査終了日には,図面も作り終えて,すべてのデータも受け渡せるようにして完成。
楽ちんです。

e0024206_23405717.jpg

[PR]
by hrs-blog | 2009-08-27 23:58 | チントルゴイ城址調査のこと

特集 弥生青銅器研究の現状

考古学ジャーナル 2009年 09月号 [雑誌]

ニュー・サイエンス社



2009年 09月号の『考古学ジャーナル』の特集は,弥生青銅器研究の現状。
ウズベキスタンから帰ったら拝読せねば。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-26 22:20 | 研究のこと

西海の薫 自然栽培

e0024206_1432439.jpg

田舎の鹿児島から焼酎が届いた。
しかも,一升瓶で6本も。

今まで味わった芋焼酎の中で,一番おいしいと思った品である。
欲しくても,地元以外のお店で見たことがない。
もちろん,そのへんの酒屋では売っていないのだ。

ありがとうございます。
しばらくやっていけそう。

今夜のおかずとも相性抜群でした。
e0024206_1424298.jpg




[PR]
by hrs-blog | 2009-08-21 23:33 | 日々の彼是

世界は分けてもわからない

郵便局へ行き,大事な書類を送付した。
さて,どうなりますやら。

帰りの書店で新書を入手。
“分析”や“分類”などという用語を使う僕には刺激的なテーマである。

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

福岡伸一 / 講談社


通勤電車の中で読むとしよう。
[PR]
by hrs-blog | 2009-08-20 22:49 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧