「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

藤原宮大極殿院回廊発掘調査の現地説明会に行ってきた

e0024206_1954017.jpg

朝目覚めてカーテンを開け,空を見ると薄曇り。
しかし,現地に着く頃には雲はとれ,晴天になっていました。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-29 21:00 | 研究のこと

飛鳥藤原第160次(藤原宮大極殿院回廊)発掘調査の現地説明会

明日(11月29日(日))は,藤原宮の現地説明会に行ってみる予定です。

博物館・資料館で綺麗にされて展示されているモノを見るのもよいけれど,
それは元々在った場所から切り離されている。
それが,どういうところに,どういうふうにあったか。
脈絡ってやつが大事なんだなあ。

幸い天気も晴れるみたいだし,今から楽しみ。

詳しくは,
奈良文化財研究所のコチラにあります。
http://www.nabunken.go.jp/topics/index.html#160gensetu1129
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-28 17:04 | 研究のこと

特別展「赤穂を治めた藩主−森家−」

e0024206_1630428.jpg

e0024206_1649049.jpg

仕事場のイベント告知コーナーに置かれていたチラシを一枚もらいました。

赤穂市立歴史博物館の平成21年度特別展
「赤穂を治めた藩主−森家−」

【期間】
平成21年11月21日(土)から平成22年1月12日(火)
【開館時間】
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
毎週水曜日 但し12月23日開館,翌日24日休館,年末年始
【入館料】
大人(高校生以上)300円,小中学生150円,身体障害者割引等あり
【会期中の行事】
講演会 聴講無料(ただし入館料が必要)
12月6日(日)午後2時から 於赤穂市立歴史博物館
「森家の遺品について」大石神社非常勤学芸員 佐藤 誠 氏


写真やCGではなく,“生”の資料が並びます。
歴女・歴男のみなさまも,そうでもない皆様も,この機会にいかがでしょう。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-28 16:50 | 日々の彼是

多元視野で解明する至宝『混一疆理歴代国都之図』

今度の土曜日は,龍谷大学で開催される
国際シンポジウム「多元視野で解明する至宝『混一疆理歴代国都之図』」に行く予定。

『混一疆理歴代国都之図』のデジタル工学による復元手法と,
復元成果を用いた歴史研究を拝聴するのが目的なのだ。
もちろん展示されている実物も観覧する。

※『混一疆理歴代国都之図』は,1402年に作製されたとされる,現存する最古の地図の一つ。

以下,配布されているポスターを文字にしてみました。>出先で簡単に確認できるように。
------------
【国際シンポジウムの開催日時と場所】
日時:2009年11月21日(土)10:30〜16:30
場所:龍谷大学 大宮学舎 清和館3階大ホール

【展示日時と場所】
日時:2009年11月21日(土)・22日(日)10:00〜17:30
場所:龍谷大学 大宮学舎 本館1階 展覧室

【国際シンポジウムのプログラム】
□基調講演 「混一疆理歴代国都之図」をめぐる国際比較
1.朝鮮古地図からの視点
楊 普景( 韓国誠信女子大学校社会科学大学教授)

2.天理大学所蔵古地図と海洋アジア史
藤田 明良(天理大学国際文化学部教授)

□学術研究報告 「混一疆理歴代国都之図」への多元的アプローチ
1.デジタル工学からの視点
岡田 至弘(龍谷大学理工学部教授)

2.北東アジアからの視点
中村 和之(函館工業高等専門学校教授)

3.モンゴル世界からの視点
村岡 倫(龍谷大学文学部教授)

4.東アジア地理認識をめぐる諸潮流
濱下 武志(龍谷大学国際文化学部教授)

□総合討論  「混一疆理歴代国都之図」をめぐって

【主な展示品】
◇「混一疆理歴代国都之図」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇「混一疆理歴代国都之図」【デジタル復元版】
◇「大明国図」【写真版】(天理大学所蔵)
◇「新訂萬國全國圖」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇「地球全圖畧説」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇李燦「韓国の古地図」(龍谷大学瀬田図書館所蔵)

詳しい情報は,龍谷大学のイベント告知ページで確認できます。
http://www.ryukoku.ac.jp/event/detail.php?id=391
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-19 19:01 | 研究のこと

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展

e0024206_17172475.jpg

腹ごしらえを終えたら本命へ。今回の遠出の目的は、松坂屋で開催中の「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」なのであった。

内モンゴルの数々の貴重な資料をはじめ、書籍などにも写真が掲載されている著名な実物を見ることができた。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-18 17:17 | 日々の彼是

しばらく並んで

e0024206_1762194.jpg

その日↓の昼は、松坂屋の蓬莱軒でひつまぶしを食べた。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-18 17:06 | 日々の彼是

遠出して

e0024206_23505185.jpg

名古屋に来てしまった
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-15 23:50 | 日々の彼是

GRASS GISのマニュアル(日本語版)が発売された

オープンソースGISグラスアプローチ 第3版 日本語版

Markus Neteler / 開発社



オープンソースのGISで有名なGRASS。
英語だから敷居が高かったけど,マニュアルの日本語版が出たそうです。
しかも,値段は英語版のおよそ半分。
お値段は4,830円なり。

翻訳に携わったSay-noさんからの情報です。

いやー,思わずポチッとしてしまいました。

アマゾン怖し。
Say-noさん怖し。

今月色々使いすぎ。
財政非常事態宣言が発令されましたとさ。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-15 00:47 | 考古学 with GIS

経験不可能な時間の物質化

e0024206_2038264.jpg

 8世紀頃から現在までの生活の痕跡が積み重なる@ウズベキスタン共和国シルクロード都市遺跡
(去年申請して敗れ去った僕の科研の研究計画書から)

この写真で僕が伝えたかったことを,佐藤さんの文章が端的に示している。
http://blogs.dion.ne.jp/pensiero/archives/8928985.html
ーーーーー
たとえば、私たちは決して云千年などという時間経験をすることはできません。それは、想像の範疇を超えている。ところが、その云千年という時間の痕跡が、私たちの足元に2〜3mの土の堆積として今そこにあるという逆説。私たちの足元には、経験できない時間が物質化しているのです。
ーーーーー

改めて もう少し深く考えてみたいと思った。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-10 20:53 | 研究のこと

「第3回 北陸石器フォーラム」の御案内

秋は研究会・学会のシーズンですね。
ということで,御案内をば。。

研究会の開催情報などをweb上で告知するときは,
情報を画像ではなくテキストで掲載したほうが,
検索にヒットしやすくなります。

下記,
富山大学考古学研究室写真ブログよりテキストデータにして転載。
-------------
開催日時 平成21年11月21日(土) 13:00〜
開催場所 富山大学人文学部棟
発表内容

1. 一般研究発表
田口 慎「東北地方の後期旧石器時代における頁岩原産地遺跡の再検討」

2.富山県における後期旧石器研究
田上和彦「富山県における後期旧石器人の石器獲得行動」
立野ヶ原遺跡調査研究チーム「経過報告」

3.実験考古学
横幕 真「ヨシを用いた施文具ー北陸地方の縄文土器を中心にー」
久保浩一郎・横幕 真「石器で竹を切ってみた(仮)」

4.増山城国史跡指定記念講演
野原 大輔「私と増山城」

研究集会後に懇親会を予定しています。
参加を希望される方は,
下記連絡先まで研究会参加希望の旨と,
懇親会参加の有無について御連絡ください。

よろしくお願い致します。

【連絡先】
e-mail:my711bo※yahoo.co.jp(お手数ですが※を@にかえてお送り下さい。)
石器フォーラム世話人 横幕 真

------
ココまで。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-03 18:01 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧