考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

振り返れば2010年最初の月でしたね

宿題の終わりが見えてきた。
やろうと思っていたことのうち,1つはできたが,もう1つは難しいなあ。
「えいやっ」と乱暴にできないこともないのだが,それでは困る部分もあって悩むゾ。

明日は6時にホテルでモンゴル研究者の二人をお出迎えして,駅でお見送り。
9時にはウズベキスタンの先生を。

今月はモンゴルへ行ったし,国際シンポジウムもあったしで,
あっという間の1ヶ月だったな。

2月はもっと充実させていきたいものだ027.gif
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-31 23:58 | 研究のこと

まだまだ気が抜けない

2日間のシンポジウムは無事に閉幕。

仰せつかった司会と,ウズベキスタンの先生と共同での講演は,
拙いながらもなんとか無事に大役を果たすことができたように思います(希望的観測)。

シンポジウムでは新たな出会いもあったし,多岐にわたる情報も得ることができました。

でも,
来日されている先生方が帰国されるまでは,気が抜けません。

そして宿題の締切も目の前に。
がんぱるぞー。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-30 21:03 | 研究のこと

うなずきの連続

国際シンポジウムでは,後方支援にまわるつもりだったけど,
なぜか,真正面にいたりします。

昨日の内容は,学ぶことが多く,来て良かったなと思う場面が何度も。
今日は,より実践的な側面を重視したテーマが中心となるので
聞き逃さないようにしなければ。。

そして
このブログをご笑覧いただいている方にも出会えてびっくり。
ええ,それ,僕のです。

しかしそれにしても
同志社の学生さんたちが,シンポジウム運営の仕事をテキパキとされていて,感心しました。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-29 07:17 | 研究のこと

まるでキャンドルのよう

e0024206_1805743.jpg

京都駅に到着。
長い夜になる予感。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-27 18:00 | 日々の彼是

そのままの勢いで

モンゴルから帰っても,走り続けています。

明日からは京都で開催される国際シンポジウムに参加します。
「データ科学の新領域の開拓ー文化遺産情報のアーカイブと文化の分析ー」
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/international_symposium/index.html

このシンポジウムでは,僕がお世話になっているウズベキスタンの研究者も講演されます。
今日は,その先生が来日される日。
そのため僕も夕方には京都へ。

出発までは宿題と格闘なんだな。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-27 10:05 | 研究のこと

不可逆的変化

奈良のT古墳についての小論を準備中。

その作業の過程で,
ふらっと
今回再測量した成果と以前の測量図を比較したら,
短い間だというのに,一瞥しただけで分かるほど大きく変わっていて
せつない気持ちになった。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-26 21:06 | 研究のこと

ウランバートルでカレーを食べる

e0024206_22243187.jpg
e0024206_22244574.jpgカレーを食べた翌日も,
またカレーを食べに出かけたわけです。

ウランバートル最後の食事がカレー。。
もちろん,モンゴル料理をはじめ
韓国料理,中華料理も食べたけど,
カレーを無視するわけにはいきましぇん。
カレーが僕を呼んでいるんです。


今度は別のお店へ。
ウランバートルホテルの6階にある,タージマハルというところ。

こちらもなかなかのお味。
チャイも甘すぎず,いいかんじ。

スパイスの効いたカレーを食べたせいで
ますます
富山のタージに行きたくなってきた。


昼はこうして調査先の近くで食べることが多いけど,
夜は宿の部屋で食事。
じゃないと破産する008.gif

具体的にはスーパーで買ったインスタントの焼きそばUFOかおにぎり,
これにキムチや韓国海苔を添えて。

夕食はパパッと食べて,直ぐに整理作業へと再突入。
アルヒは飲まなかったな。

そして朝は宿付きの朝食をモリモリと。

モンゴルでは,一日の食事メニューはそんなかんじ。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-24 22:30 | 日々の彼是

帰ってきたゾ♪

e0024206_1153913.jpg

関空到着。スタバで奈良行きのバス待ちです。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-24 11:53 | 日々の彼是

モンゴル調査無事終了とカレーのネタ

今日でモンゴル国での調査は終了。
今回の成果は,自分の中でも本当に大きかった。

成果は,自分の手元に溜め込まず,
モンゴルの人たちの同意を得て,
学会などで発表して社会に還元することが必要とされている。


明日の夕方,帰宅の途につく。
飛行機の搭乗時間は約5時間だが,この時期は乗り継ぎが悪く,
家に辿り着くのは明後日の昼過ぎである。

韓国仁川空港で乗り継ぎのための待機時間は12時間ほどある。
その時間を有効に使って,目前の課題の見通しをつけなければならない。

----------
さて,そんな話はともかく,唐突ですがインドカレーの話。

今日の昼は,おいしいと評判のウランバートルのインドカレー屋さんへ。
お店の名前は,インド料理「HAZARA」。
なんでもモンゴルの考古学で著名なS石先生の御用達とか。

場所は,ここ↓写真右下の緑の記号Aの場所,相撲宮殿の裏手にあります。
あるいは10進法の緯度・経度であらわすと,
47.917143, 106.935081。

e0024206_21253041.jpg

http://maps.google.co.jp/maps/mm?hl=ja&ie=UTF8&brcurrent=3,0x0:0x0,0&ll=47.917644,106.934883&spn=0.002107,0.004699&t=h&z=18
Google マップから


店に入るとお香が微かに漂っていて,別世界。
カレーとナンを頼んだら,色々なスパイスが入っているが,変な辛さは無く,美味しかった。
e0024206_21505115.jpg

ウランバートルで,カレーを食べたいと思った方は,是非一度訪れてみて下さい。
お薦めです。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-22 21:36 | 研究のこと

データ科学の新領域の開拓-文化遺産情報のアーカイブと文化の分析-

国際シンポジウムのお知らせです。

来週の28日と29日に京都で
文化遺産情報のアーカイブと文化の分析に関する国際シンポジウムが開催されます。
僕も会場の片隅にいるはず。

このシンポジウムで,
色々な国の文化財のドキュメンテーションを取り巻く状況の一面が掴めると思います。
皆様のお越しをお待ちしております。

概要は以下のとおりです。
詳しくは,↓をクリックでし。
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/international_symposium/index.html


----------------------
国際シンポジウム
「データ科学の新領域の開拓 -文化遺産情報のアーカイブと文化の分析-」


開催日:1月28日・29日

開催地:同志社大学今出川キャンパス(室町キャンパス)寒梅館6F 大会議室

主催:科学研究費基盤(A)「データ科学の新領域の開拓-文化財データ解析-」

  (シンポジウムの問い合わせ先:下記)


1月28日 基調講演の部


9:45-10:00 
「挨拶」
科学研究費基盤(A)代表  同志社大学文化情報学部 教授
村上征勝

10:00-10:30
「文化遺産情報の資源化と共有化 -国際的需要と実状- および 国際シンポジウム 趣旨説明」
同志社大学文化情報学部 准教授
津村宏臣

10:30-11:30
「アナトリア地域における文化遺産データベース -KAYAPプロジェクト-」
トルコ・アンカラ大学文学部 教授   KAYAPプロジェクトディレクター
フィクリ・クラゴール


11:30-13:00
昼食 休憩


13:00-14:00
「中央アジアを中心とした遺跡GISの理念と実践」
ウズベキスタン共和国・社会科学アカデミー考古学研究所所長
ヴェルディムラドフ・アムロディン

14:00-15:00
「遊牧民の動産・不動産文化財のデータ化と3Dアーカイブプロジェクト」
モンゴル国立文化遺産センター センター長
ガルバドラフ・エンフバト


15:00-15:30 休憩


15:30-16:30
「カンボジア・アンコールワットとアンコール王朝期文化遺産の情報資源共有化」
フランス・極東学院
ブルノ・ブルギエ

16:30-17:30
「中国・言語方言分布に関するデータベース構築」
中華人民共和国・社会科学院言語学研究所 前副所長
侯 精一


17:30-18:00
事務連絡
大会事務局


18:00-20:00
ウェルカム・ディナー (寒梅館1F アマーク・ド・パラディ)


1月29日 事例研究部門


10:00-10:45
「トルコ・キュルテペ遺跡の調査研究のためのシステム開発」
トルコ・コンヤ大学
ファリス・デミール


10:45-11:30
「中国敦煌・莫高窟の保存修復活動のためのデータベース開発」
東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 国際情報研究室室長
岡田 健


11:30-12:15
「モンゴル・文化遺産保存修復の基礎データベースの構築-現地踏査・調査の方法とデジタルアーカイブ-」
モンゴル国立文化遺産センター
ビャンバスレン・ダワーツェレン


12:15-13:30 昼食 休憩


13:30-14:15
「文化遺産形状データの計測手法の開拓と3Dアーカイブの方向性-エジプト・オマーン・インド・チュニジアでの計測事例-」
同志社大学文化情報学研究科
渡邊俊祐・津村宏臣


14:15-15:00
「文化遺産・時空間情報データベースと解析アプリケーションの開発」
同志社大学文化情報学研究科
藤本 悠


15:00-15:30
休憩


15:30-16:15
「茶の湯のコミュニティー -茶会記の時間・属性情報のデータ化と解析-」
同志社大学文化情報学研究科
山田哲也


16:15-17:00
「中国山西省の方言分布と言語生態の数理分析」
山西大学
冯良珍・沈力・津村宏臣


17:00-17:45
「事例研究クロージング」
同志社大学文化情報学部 教授
矢野 環
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-21 21:52 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧