考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今月号の考古学ジャーナルは「南西諸島の考古学」

今月号の考古学ジャーナルは,「南西諸島の考古学」の特集。
目次を見ただけでもいくつか読んでみたい論文がありますね。

考古学ジャーナル 2010年 03月号 [雑誌]

ニュー・サイエンス社



以下目次です。
-------
考古学ジャーナル 2010年3月号

特集:南西諸島の考古学
定価:1,800円(税込)


総論 南西諸島の先史学 高宮 広土
1.ヒトはいつどのように琉球列島に定着したのか?
   :琉球縄文文化の断続問題 伊藤 慎二  
2.中部琉球圏先史時代の社会の変遷 新里 貴之
3.琉球列島の農耕をめぐる諸問題 新里 亮人
4.奄美・沖縄における先史時代の脊椎動物利用 樋泉 岳二
5.先史時代の貝類利用─奄美・沖縄諸島を中心に─ 島袋 春美    
6.貝塚時代とグスク時代 宮城 弘樹
7.琉球列島におけるサンゴ礁の形成史 菅 浩伸    

今月の言葉
  オセアニア先史学研究からみた琉球列島 印東 道子

遺跡速報●
 京都府馬場南遺跡(神雄寺跡)の調査 伊野 近富

縄文文化論●
 縄文土器と芸術的創造 今村 啓爾
   
○考古Web/発掘!府中の遺跡 国府はいつできたか&調査速報(東京)  
○考古Web/ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡(神奈川) 
○考古Web/平城遷都1300年記念 平城京発掘-ここまでわかった奈良の都-(奈良)  
○考古Web/近世大名家の墓所調査:権威示す事業,関心高まる(東京) 
○考古Web/ふたつの飛鳥の終末期古墳─河内飛鳥と大和飛鳥─(奈良) 
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-28 17:35 | 日々の彼是

聖地チベットポタラ宮と天空の至宝

e0024206_15272224.jpg

着いた。けっこう人が多い。
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-27 15:27 | 日々の彼是

考古学研究会第56回総会・研究集会のポスターセッション

考古学研究会から書類が届いた。

考古学研究会
http://www013.upp.so-net.ne.jp/kouken/

4月に開催される考古学研究会第56回総会・研究集会のポスターセッションに,
このまえ投稿したテーマを採用するという通知だった。

父さん,母さん,そして弟よ。
たまには僕もそれなりに真面目にやっているんだよ。

がんばろう>オイラ
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-26 21:37 | 研究のこと

こんなことを多摩の焼鳥屋で一昨年も言ってたっけ

考古学ジャーナルの2010年 03月号は,「南西諸島の考古学」の特集だが,
今のところ,
このエキサイトブログからは直接リンクができないので,記事にするのはまた今度にしよう。

さて,いつもどおり話は突然変わるのだが,
バザールってのは,ほとんど物質的な痕跡は残さない。

中央アジアのウズベキスタン共和国でも,
バザール(いわゆる市みたいなもの)は,
今でも 地面に突き刺した棒とそれに張った布で日陰をつくる仮設の出店がほとんど。
週末には人がごったがえすが,普段は無人の空間なり。

店の形や何を売ったかという痕跡は,”そこ”にはほとんど,っていうか,まったく残らない。
色とりどりの野菜(日本のそれより絶対おいしい)や,ヨダレを誘う香辛料,ぶら下げられた新鮮な肉。行き交う人々の声。は消える。
でも確かに活気あふれる場がそこにはあるのだ(スリに合わないよう気をつけて)。

土器なら土器,石器なら石器,何でもいいんだけど(僕は何一つまともにできていないけど(;^_^A アセアセ…),
自分がいったい何を見ているか,その社会の中で,それはいかなる位置を占めているのか,
を,たとえその全貌を知ることはできなくとも,知ろうとする必要があるよね。

って,おい。
これって数え切れないほど多くの先輩方が,何度も指摘してきたことじゃあないのかい。
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-24 21:26 | 研究のこと

森美術館「医学と芸術展」

e0024206_21182550.jpg

http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html
森美術館「医学と芸術展」
------------

「考古学と芸術展」っていうのもあってもいいかも,,などとふと思った。

「科学(医学)と芸術が出会う場所としての身体」をヒントに,
「考古学と芸術が出会う場所としての遺跡(モノでも良いね)」なんてね。

「医学と芸術展」の期間中には,
「パブリックプログラム(教育普及活動)は、アートに出会う喜び、アートを知る楽しさ、そしてアートについて積極的に語り合う機会を提供するために、以下の4つのプログラムを行っています」とあるように,
パブリックプログラム(教育普及活動)というものも企画されているらしいですよ。

森美術館パブリックプログラム
http://www.mori.art.museum/jp/pp-ind/index.html
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-23 21:28 | 日々の彼是

先達はあらまほしき事なり

文化財のデジタルドキュメンテーションは,本当に難しいなあと思う今日この頃。

同じような大きさ,保管環境でも,やはり材質によって有効な機材は違うのですね。
たとえば金ピカで複雑な形をしたモノを捉えるには,どうしたら一番良いのだろうかと模索中です。
先日も年度末のお忙しいところにお邪魔して,教えを請いにうかがってきたのですが,
その困難さだけでなく,可能性も提示してくださいました。
感謝感謝であります。

僕もだれかのためになる何かを少しでも残せるよう,がんばらなくっちゃね。
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-23 21:15 | 研究のこと

なくしたくないもの

考古学もまた,夢やロマンではなく現実の只中にあるのだ。
------
ようやく録画しておいた「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。

なんせビデオデッキなんて久しぶりに使うものだから,
まずはじめにコンビニにVHSのビデオカセットを買いに出かけ,
コンセントにビデオデッキのプラグを差して,
時刻設定→チャンネル合わせのための地域設定などから始める始末で,
たいそう面倒だったわけだ。

で,せっかく録画したのだから,絶対見ようと思っていたけど,ようやく見たという今日。

録画したのは,「若きプリンス,生命の謎に挑む 生命科学者 上田泰己」である。

上田さんがふとした瞬間にみせたあの目の輝きは,どこかで見たことがあるなと思った。
活き活きとした,まるで子どものように輝かせたあの目だ。
ああそうか,○○先生の,あの時の目ではないか。

先生方は,所属機関内での諸事が膨大に有り,ほとんど研究できないのが実情だ。
そう,埋蔵文化財に関わる多くの方々と同様,遺跡で調査したりするのは,
極々限られたわずかな時間なのだ。

所属機関での諸事はやってもやっても終わらない。そればかりか,やればやるほど増えていく。
分担した家事をこなし,育児をして,自分のところの(だけならまだいいけれど)学生のアレコレの面倒を見る。
そのうえ時間をやりくりして,(どこにそんな時間があるのか恐いけど)論文も書いている。

で,現場へ行くと,あの目の輝きだ。
単純に,凄いと思うのですよ。
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-21 23:04 | つぶやき

天・人・地からみた居延,エチナ,楼蘭

明日は奈良女子大学で開催される国際ミニシンポジウム
「天・人・地からみた居延,エチナ,楼蘭
ー高解像度衛星画像・文書・現地調査から探る衛星考古地理学の試みと展望」を拝聴してきます。

日時は,2010年2月20日(土) 13時-18時
会場は,奈良女子大学記念館

参加費:無料

講演内容
第1部 居延
「高解像度衛星画像と衛星考古地理学」
「居延の考古学的新発見とその検討」
「居延オアシスに残る漢代農耕地跡を探る」

2部 エチナ(額済納)
「緑城遺跡南の「蜂の巣状土地パターン」と区田法」
「西夏灌漑水路の基礎的分析からみた農業生態環境およびその対策」

3部 楼蘭
「漢代伊循城の所在地について」
「楼蘭遺跡群におけるLE故城」


総合討論 17時10分-18時00分


詳しくは,奈良女子大学のイベント情報で。
http://koto.nara-wu.ac.jp/event_calendar/event_calendar.htm

どの御講演もおもしろそうだけど,
特に相馬先生の「高解像度衛星画像と衛星考古地理学」に注目しています。


走り回る日々なのだ。


うお!,同じ日に同じ奈良女子大学で都城制研究集会シンポジウムが開催されるみたい。

こちらの日時は2月20日(土) 10:00〜 17:00
場所は奈良女子大学 文学系N棟101号教室

プログラム:
10:00〜12:30
・「平城京の小規模宅地」
・「難波京の条坊区画」
・ 「長岡京の小規模宅地」
・ 「平安京の小規模宅地」

    (休憩)

13:30〜15:10
・ 「文献史料から見た平城京の小規模宅地と坪付呼称」
 ・「文献史料から見た長岡京・平安京と町・戸主」

(休憩)

15:20〜17:00 討論

詳しくは,
http://www.nara-wu.ac.jp/kodai/seminar.html#sympo02
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-19 23:53 | 日々の彼是

3DiVisionとマクロレンズ+デジタルカメラ

無料の3DiVision(デジタル写真測量のためのソフトウェア)と、
マクロレンズをつけたカメラを使った3次元計測に関する論文を
昨日奈良大学の図書館で見つけてざっと目を通したんだけど、ちゃんと読めばよかった。
また今度読みに行こう。

3DiVision
http://www.chikatsu-lab.g.dendai.ac.jp/3division/japanese/index.html
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-18 16:03 | つぶやき

『Handbook of Landscape Archaeology』を注文してみた

高い本を注文してしまった。
数日前にgocitoさんに教えていただいた本である。

そういえば,
発刊直後くらいに発見して買おうと思ったけど,
値段が値段だけに即決できなかった代物だったっけ。

最初は図書館で借りようと思ったが,なかなか無い。
日本の大学関係の図書館には全部で3冊しかないようだ。

NACSIS Webcatの検索結果によると,
所蔵しているのは,國學院大學と鹿児島国際大学と東京大学である。
あとは国立国会図書館の東京本館。

Handbook of Landscape Archaeology
e0024206_22553194.jpg

http://www.amazon.co.jp/Handbook-Landscape-Archaeology-Archaeological-Handbooks/dp/1598742949/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=english-books&qid=1266414651&sr=8-5

大きな投資をしたんだから,必ず読み切ってやるゾ。


ところでしかし,僕の財布は普段から軽いのに,宙に浮かぶほど軽くなってしまった。
そこで今回みたいに大きな買い物をしたら,どこかを少しずつ削らなければならない。
というわけで,昨日の晩ご飯はこれ。
e0024206_22591835.jpg


冷凍食品の讃岐うどん(半額セール時購入)を茹で,これに生卵を落として軽くかき混ぜる。
お好みの量のつゆを垂らす。
けっこう美味しいよ。
[PR]
by hrs-blog | 2010-02-17 23:15 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧