「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

白山平泉寺旧境内の調査へ

明日からは,福井県勝山市の国指定史跡 白山平泉寺旧境内( http://www.city.katsuyama.fukui.jp/heisenji/historical/ )の調査。

旧境内の一部が復元整備されるので,
復元前の現況を3次元レーザー計測とパノラマ撮影を用いて,カタチと色の記録を実施します。

3泊4日の予定です。
[PR]
by hrs-blog | 2011-07-03 23:36 | 研究のこと

公開シンポジウム「東日本大震災 奈良で考える復興と文化」

公開シンポジウムのお知らせをいただきましたので、転載いたします。

僕は参加予定です。
------------
公開シンポジウム「東日本大震災 奈良で考える復興と文化」

日時2011年7月9日 14:00~17:00(13:45開場)
会場:奈良女子大学文学系S棟 S128教室
備考:入場無料・一般来聴歓迎
主催:奈良歴史研究会

《趣旨説明》
藤田明良(天理大学教授)
《現地からの報告》
吉川圭太(人と防災未来センター震災資料専門員)
*歴史資料の救出・保全活動から見た現地の被害と復興
《コメント》
金田明大(奈良文化財研究所主任研究員)
*救援体験から考える文化遺産の防災・復興の課題
福井 亘(京都府立大学大学院准教授)
*歴史的景観(自然・文化遺産)の被害と復興の課題
田中慶治(葛城市歴史博物館学芸員)
*98年台風体験から考える奈良の地域遺産防災の課題
《ディスカッション》

【開催の趣旨】
甚大な被害をもたらした東日本大震災。被災地では復興に向けてのさまざまな模索や努力が展開されている。地域の再生をめざす歴史資料や文化遺産の保全救
出活動もそのひとつである。
 今回の大地震によって東日本は地震活動の活発期に入ったといわれるが、中部・西日本でも年々発生確率の高まっている東海・東南海・南海大地震の脅威が
あり、活断層等による直下型地震の危険は列島全域が共有している。また、集中豪雨による洪水や土石流も年々頻度を増す傾向にある。さらに、過疎化・高齢
化も地域遺産の継承を危機にさらしている。
 このような事態に備えようと、近年、歴史資料・文化財の危機管理という観点から、全国各地で緊急時の救援シミュレーションや平時の防災のとりくみ、各
自治体・研究機関・ボランティアの連携が模索され始めていた。今、被災各地で実施されている未指定文化財を含む地域遺産のレスキュー活動は、このような
動きの延長でもある。関西からも阪神淡路大震災を機に生まれた歴史資料ネットワークや奈良文化財研究所をはじめ、様々な団体・機関・個人が、救援・支援
の輪に加わっている。
 東日本大震災によって、被災地はどのような事態にさらされているのか? 復興に向けてどんな取り組みがなされているのか? 被災地に対して、私た
ちは何ができるのか? 災害危険レベルが上昇している日本列島で、地域文化を守るため、私たちは何をすべきなのか?
 災害が少ないといわれる奈良でも、幕末の伊賀上野地震では数百人の死者を出し、死者2名を出した十三年前の台風7号では、室生寺五重塔はじめ数々の文
化遺産が被災している。今回の東日本大震災の被害、現地で展開されている地域遺産を守る取り組みの報告を受けて、奈良で何かできるのか、地域遺産を守る
ため何をすべきなのかを考えていきたい。
[PR]
by hrs-blog | 2011-07-02 14:39 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧