「ほっ」と。キャンペーン


考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

タグ:本・雑誌 ( 61 ) タグの人気記事

防災遺産・被災文化財などの参考資料

勉強になる。
まだまだあるけど、とりいそぎ。

----------
動産文化財救出マニュアル : 思い出の品から美術工芸品まで
動産文化財救出マニュアル編集委員会編
クバプロ, 2012.7



----------
防災に役立つ地域の調べ方講座
牛山素行 著
古今書院, 2012




----------
文化財の防災計画 : 有形文化財・博物館等資料の災害防止対策
半澤重信著
朝倉書店, 2012.7
普及版




----------
被災地の博物館に聞く : 東日本大震災と歴史・文化資料
国立歴史民俗博物館 編
吉川弘文館
2012




----------
災害から文化財をまもる
文化財保存修復学会編
(文化財の保存と修復 / 文化財保存修復学会編, 14)
クバプロ, 2012.6


[PR]
by hrs-blog | 2012-12-16 23:45 | 研究のこと

読みたい本

最近ゆっくりと本を読んでいない。
まずいなあ。

はじめて学ぶ考古学 (有斐閣アルマ)
佐々木 憲一 小杉 康 菱田 哲郎 朽木 量 若狭 徹
有斐閣


ものの人類学
ものの人類学
posted with amazlet at 11.04.22

京都大学学術出版会

[PR]
by hrs-blog | 2011-04-22 16:32 | 研究のこと

北東アジアの歴史と文化

このところ,長めの論文を書いてました。
ようやくちょっと落ち着いたので,ブログを更新。

『北東アジアの歴史と文化』という本が出版されました。

「北東アジア地域の歴史的動態と諸民族の形成過程を、歴史学のみならず、考古学、人類学、文化人類学、言語学の側面から総括。各分野の第一線で活躍する研究者が、最前線の研究の現状と課題を提示する。北東アジアを学際的視点から総合的に論じる我が国初の研究書」(北海道大学出版会ホームページhttp://www.hup.gr.jp/より)
ということで,執筆陣・内容ともに魅力的です。

北東アジアの歴史と文化

北海道大学出版会
売り上げランキング: 143143



僕がこれから読むべき本の一冊です。
[PR]
by hrs-blog | 2011-02-06 00:48 | 新刊紹介

石川日出志2010『農耕社会の成立』岩波書店

明日この本を買います。

----------
農耕社会の成立〈シリーズ 日本古代史 1〉 (岩波新書)
石川 日出志
岩波書店
売り上げランキング: 4423
おすすめ度の平均: 4.0
4 「複線」の視点

----------
ボクのテキスト群の1冊になると思います。
[PR]
by hrs-blog | 2010-10-28 21:12 | 研究のこと

『発掘調査のてびき』など届く

『発掘調査のてびき』と特価本になっていた『弥生土器の様式と編年 四国編』が
六一書房から届いた。


『発掘調査のてびき』にも書かれているとおり,
示された内容がベストだとするのではなくて,
常にこれ以上の質を目指して工夫していかないと,
今回の「標準」を超えることはできないと思う。

たとえば
高校球児が甲子園出場を目指すのと,甲子園での優勝を目指すのとの違い。
日々の練習に対する意識も自ずと変わってくるように思うのです。

とはいえ僕自身,今回示された内容について,
身につけられていない事柄が多々あるので日々精進であります。

発掘調査のてびき
発掘調査のてびき
posted with amazlet at 10.07.11

同成社
売り上げランキング: 46846


目次

整理・報告書編(整理と報告書作成の基本方針
記録類と遺構の整理
遺物の整理
調査成果の検討
報告書の作成
報告書の記載事項
資料の保管と活用)
集落遺跡発掘編(埋蔵文化財の保護
集落遺跡概説
発掘調査の準備と運営
土層の認識と表土・包含層の発掘
遺構の発掘
遺構の記録
自然科学調査法の活用)



弥生土器の様式と編年―四国編

木耳社
売り上げランキング: 740182


目次

1 阿波地域
2 讃岐地域
3 伊予中部地域
4 伊予東部地域
5 土佐地域


[PR]
by hrs-blog | 2010-07-11 15:54 | 研究のこと

引用・参考文献の書き方

祝!決勝トーナメント進出。
次はパラグアイ戦。またも寝不足になりそうです。

さてと。
著書や学術論文はたまたオンライン上の文献を引用・参考文献として自分の論文に記載するとき,
どんな書き方をするのが正しいのでしょう。

分からなくなる度に調べていたのですが,
書き方をまとめてくれている本があったので入手しました。

--------
レポート・論文作成のための引用・参考文献の書き方
藤田 節子
日外アソシエーツ
売り上げランキング: 126146


目次

第1章 参照文献の役割(参照文献の役割
著作権法の規定 ほか)
第2章 書誌要素と表記法(書誌要素とは
書誌要素の4つのグループ ほか)
第3章 主な書誌要素の解説(著者に関する書誌要素
標題に関する書誌要素 ほか)
第4章 参照文献の具体的な書き方(本章の読み方
具体例の探し方(索引の使い方) ほか)
第5章 参照文献を書いてみよう(図書1冊
雑誌記事 ほか)


[PR]
by hrs-blog | 2010-06-25 22:06 | 研究のこと

文化財の三次元計測に関する書籍と雑誌

この前の考古学協会で購入した本(の一部)。
e0024206_21552724.jpg

『文化財のための三次元計測』と『文化財の壷』

『文化財のための三次元計測』は,
六一書房さんで売ってました。
http://www.book61.co.jp/book_html/N04771/


『文化財の壷』は,
http://blog.narayama.org/?p=587
に購入方法が買いてありました。





電車の中で読んでます。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-28 22:03 | 研究のこと

なんだかどこかで聞いたことのある話だな

現代思想2010年5月号 特集=現象学の最前線 間文化性という視座
パトリシア・ベナー 田口 茂
青土社
売り上げランキング: 4060


気晴らしに本屋に行ったら,
「間文化現象学」を特集した雑誌が本棚にあった。
10分ほど立ち読み。

おいおいどうすんだ。
財布がいよいよ軽くなってしまったよ。


手っ取り早く,間文化現象学の概要を知るには,
間文化現象学を標榜する研究機関を見るのがひとつの手です。

立命館大学間文化現象学センター↓では,
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/icp/index.html
「異文化との遭遇が日常生活のなかで生じるようになって以後、その経験に即した仕方で、その経験そのものの構造、問題、可能性を解明することがますます必要になってきました。しかし、諸文化を単純に比較するというだけでは、諸文化が(外的に)横並びに捉えられてしまい、「異文化」と「自文化」の遭遇がもつ切迫した具体的関係は明らかになりません。このセンターは、これをいわば内側から解明するのに最も適した方法としての「現象学」を中心に据えます」
など書いてあります。


なんつーか,まあ,そうするてぇと,考古学ってどの位置にいるんでしょうか。
立ち読みしながら考えたけど,頭が悪いのでパッパと明確な図にできず,
家に帰ってよく読んで考えてみようと思った次第です。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-15 19:12 | 研究のこと

いまどうしてる?

小野山節1985「資料論」『岩波講座 日本考古学 1 研究の方法』をめくる。

学部生の頃,東京で開催された日本考古学協会に富山から行き,
『岩波講座 日本考古学』の全刊揃えを買ったときの
発掘調査のアルバイトをして貯めたお金を渡す,自分の手の震えを思い出した。

あと2週間弱で協会ですね。
[PR]
by hrs-blog | 2010-05-12 23:18 | 研究のこと

古代アンデス 神殿から始まる文明

今月は財布を軽くしすぎました。
後半には東京で日本考古学協会もあるってのに。
交通費・宿泊費・飲食費・研究書籍代を考えると頭が痛い。
仕方がないから少しの間,本を買うのは控えるけど,
読んでみたいと思った本は忘れないようにメモしておこう。


古代アンデス 神殿から始まる文明 (朝日選書)
大貫 良夫 加藤 泰建 関 雄二
朝日新聞出版
売り上げランキング: 223969
おすすめ度の平均: 4.0
4 神殿から始まるアンデス文明の不思議

[PR]
by hrs-blog | 2010-05-08 02:50 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

お気に入りブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧