考古学に携わる日々を綴るブログ


by hrs-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

カラコルムなう。
at 2014-05-01 23:46
防災遺産・被災文化財などの参..
at 2012-12-16 23:45
レクチャー「ウズベキスタンに..
at 2012-12-13 22:53
じんもんこん2011で発表
at 2011-12-10 22:28
おおいた石造文化研究会 平成..
at 2011-12-03 01:46

カテゴリ

全体
はじめに
自己紹介
日々の彼是
研究のこと
ABCpjのこと
考古学研究室のこと
福島城跡調査のこと
白主土城調査のこと
Dabussya調査のこと
具志川城跡調査のこと
Ulaan kherem調査のこと
Archaeo-GIS Workshop
ウラジオストック留学中のこと
宇江城城跡調査のこと
神津島実験のこと
チントルゴイ城址調査のこと
モンゴル文化遺産調査のこと
白山平泉寺のこと
北の国から~旧石器研究修行
考古学 with GIS
小道具的なもの
つぶやき
新刊紹介
読みたい本
未分類

以前の記事

2014年 05月
2012年 12月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

タグ

最新のトラックバック

http://blog...
from ローカルニュースの旅
またも京都にやってきた
from pensie_log
博物館
from 博物館
ぐるっと
from アコの後思案
弥生の農村 下老子笹川遺跡
from 学芸員の小部屋
盛岡八幡宮
from おやじの盛岡案内
静かな盛岡
from おやじの盛岡案内
盛岡八幡宮例大祭
from おやじの盛岡案内
出土した過去 行田で展示
from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み
再び関東へ
from 寧楽の手向に

タグ:研究会案内 ( 115 ) タグの人気記事

そのままの勢いで

モンゴルから帰っても,走り続けています。

明日からは京都で開催される国際シンポジウムに参加します。
「データ科学の新領域の開拓ー文化遺産情報のアーカイブと文化の分析ー」
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/international_symposium/index.html

このシンポジウムでは,僕がお世話になっているウズベキスタンの研究者も講演されます。
今日は,その先生が来日される日。
そのため僕も夕方には京都へ。

出発までは宿題と格闘なんだな。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-27 10:05 | 研究のこと

データ科学の新領域の開拓-文化遺産情報のアーカイブと文化の分析-

国際シンポジウムのお知らせです。

来週の28日と29日に京都で
文化遺産情報のアーカイブと文化の分析に関する国際シンポジウムが開催されます。
僕も会場の片隅にいるはず。

このシンポジウムで,
色々な国の文化財のドキュメンテーションを取り巻く状況の一面が掴めると思います。
皆様のお越しをお待ちしております。

概要は以下のとおりです。
詳しくは,↓をクリックでし。
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/international_symposium/index.html


----------------------
国際シンポジウム
「データ科学の新領域の開拓 -文化遺産情報のアーカイブと文化の分析-」


開催日:1月28日・29日

開催地:同志社大学今出川キャンパス(室町キャンパス)寒梅館6F 大会議室

主催:科学研究費基盤(A)「データ科学の新領域の開拓-文化財データ解析-」

  (シンポジウムの問い合わせ先:下記)


1月28日 基調講演の部


9:45-10:00 
「挨拶」
科学研究費基盤(A)代表  同志社大学文化情報学部 教授
村上征勝

10:00-10:30
「文化遺産情報の資源化と共有化 -国際的需要と実状- および 国際シンポジウム 趣旨説明」
同志社大学文化情報学部 准教授
津村宏臣

10:30-11:30
「アナトリア地域における文化遺産データベース -KAYAPプロジェクト-」
トルコ・アンカラ大学文学部 教授   KAYAPプロジェクトディレクター
フィクリ・クラゴール


11:30-13:00
昼食 休憩


13:00-14:00
「中央アジアを中心とした遺跡GISの理念と実践」
ウズベキスタン共和国・社会科学アカデミー考古学研究所所長
ヴェルディムラドフ・アムロディン

14:00-15:00
「遊牧民の動産・不動産文化財のデータ化と3Dアーカイブプロジェクト」
モンゴル国立文化遺産センター センター長
ガルバドラフ・エンフバト


15:00-15:30 休憩


15:30-16:30
「カンボジア・アンコールワットとアンコール王朝期文化遺産の情報資源共有化」
フランス・極東学院
ブルノ・ブルギエ

16:30-17:30
「中国・言語方言分布に関するデータベース構築」
中華人民共和国・社会科学院言語学研究所 前副所長
侯 精一


17:30-18:00
事務連絡
大会事務局


18:00-20:00
ウェルカム・ディナー (寒梅館1F アマーク・ド・パラディ)


1月29日 事例研究部門


10:00-10:45
「トルコ・キュルテペ遺跡の調査研究のためのシステム開発」
トルコ・コンヤ大学
ファリス・デミール


10:45-11:30
「中国敦煌・莫高窟の保存修復活動のためのデータベース開発」
東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 国際情報研究室室長
岡田 健


11:30-12:15
「モンゴル・文化遺産保存修復の基礎データベースの構築-現地踏査・調査の方法とデジタルアーカイブ-」
モンゴル国立文化遺産センター
ビャンバスレン・ダワーツェレン


12:15-13:30 昼食 休憩


13:30-14:15
「文化遺産形状データの計測手法の開拓と3Dアーカイブの方向性-エジプト・オマーン・インド・チュニジアでの計測事例-」
同志社大学文化情報学研究科
渡邊俊祐・津村宏臣


14:15-15:00
「文化遺産・時空間情報データベースと解析アプリケーションの開発」
同志社大学文化情報学研究科
藤本 悠


15:00-15:30
休憩


15:30-16:15
「茶の湯のコミュニティー -茶会記の時間・属性情報のデータ化と解析-」
同志社大学文化情報学研究科
山田哲也


16:15-17:00
「中国山西省の方言分布と言語生態の数理分析」
山西大学
冯良珍・沈力・津村宏臣


17:00-17:45
「事例研究クロージング」
同志社大学文化情報学部 教授
矢野 環
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-21 21:52 | 研究のこと

シンポジウム「考古学の方法論を見なおす−形式・境界・時代−」

考古学研究会東京例会・石器文化研究会 合同シンポジウムのお知らせです。

1月末の土曜日に東京で,シンポジウムがあるそうです。
テーマなどは以下の通り。

僕は京都で用事があるので行けませんが,
研究方法や考え方の枠組みについて重点を置いたシンポジウムなので,興味があります。

詳しくは,考古学研究会のホームページで。
http://www013.upp.so-net.ne.jp/kouken/tokyo-sympo-14.htm


以下は概要です。
---------------------------
テーマ:「考古学の方法論を見なおす−形式・境界・時代−」

開催日:2010年1月30日(土)

会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階1011教室

時間:13:00−17:00

参加費:500円

【プログラム】
13:00−13:10 
開会あいさつと趣旨説明

<第1部 現代史と研究史の間>
13:10−13:40
報告①
「現代史と研究史のはざま−「日本旧石器時代」をめぐる相克−」
13:40−14:10
報告②
「確信としての日本考古学−その枠組みを支えるもの− 蝦夷論を手がかりに」
  
14:10−14:20   休憩  

<第2部 編年・時期区分の視点と方法> 
  
14:20−14:50
報告③ 
ナイフ形石器・ナイフ形石器文化の編年−視点・方法とその背景−」

14:50−15:20
報告④ 
縄紋土器細別時期設定と縄文集落フェイズ設定」

15:20−15:30
休憩

15:30−16:55
討論

16:55−17:00
閉会あいさつ
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-18 19:24 | 研究のこと

考古学研究会シンポジウム 吉備弥生社会の新実像

今度の土曜日,考古学研究会 岡山例会第14回シンポジウムが開催されるそうです。
テーマは,「吉備弥生社会の新実像」です。

日時は,2010年1月9日(土) 13:00~17:00
会場は,岡山大学大学院自然科学研究科棟2階大講義室

発表題目は,
「集落からみた吉備の水田経営」
「墓制からみた吉備弥生社会」
「身体表現と地域社会−特に分銅形土製品を例に−」
「山陰地方の弥生社会像」

です。

詳しくは考古学研究会のホームページで
http://www013.upp.so-net.ne.jp/kouken/

1月30日には,明治大学で考古学研究会東京例会が開催されます。
こちらの情報は,近日中に。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-07 00:55 | 研究のこと

日本考古学協会第76回総会研究発表,要旨原稿の要領

今日は仕事始め。
ポストを開けると,そこには一枚の葉書が届いていました。
e0024206_2114748.jpg

それは,日本考古学協会第76回総会研究発表者に送られる,
要旨原稿の要領が記された葉書です。

期日は2010年2月12日(金)必着厳守。

頑張らないと。

日本考古学協会第76回総会は,
2010年5月22日(土)・23日(日)に,
国士舘大学 世田谷キャンパスで開催されます。

日本考古学協会のホームページはこちら。
http://www.soc.nii.ac.jp/jaa2/index.htm
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-04 21:09 | 研究のこと

考古学研究会ポスターセッション募集中

ようやくSnow Leopardをインストールしました。
世に出てまもなく買ったのに,しばらく放置状態だったのでした。

さて,研究会の情報を。
昨年の大晦日に届いた『考古学研究』によれば,
考古学研究会の2010年度総会・研究会が2010年4月17日(土)・18日(日)に
開催されるそうです。

会場は,岡山大学創立五十周年記念館。
テーマは,『階層性と社会構造』

詳しくは,考古学研究会のホームページまで。
http://www013.upp.so-net.ne.jp/kouken/

この第56会総会・研究集会ではポスターセッションを募集しているとのこと。
ポスターセッションの申込み期限は,2010年2月10日(必着)。
詳しくは前掲のホームページに。参加申込書もあります。

とりあえず,ポスター発表の計画を立ててみよう。
[PR]
by hrs-blog | 2010-01-02 18:57 | 研究のこと

研究会「中央アジア・ソグディアナにおける仏教遺跡と美術」へのお誘い

奈良はずいぶんと寒くなりました。

さて,研究会のご案内です。
ウズベキスタン共和国の考古学研究所から来日されている研究者が,
京都で,中央アジアの仏教遺跡と美術について,お話されます。

テルメズなどが話題にとりあげられるのかな。
皆様のお越しをお待ちしております。


発表タイトル:「中央アジア・ソグディアナにおける仏教遺跡と美術」
日時:2009年12月21日(月)午後3:30〜5:00
場所:国際日本文化研究センター第5共同研究室
   http://www.nichibun.ac.jp/info/access.html
発表者:ウズベキスタン考古研究所研究指導員
Abdullaev Kazim(アブデゥラエフ・カジム)氏
参加費:無料

転載しても良いという方は,ぜひお願いいたします。
[PR]
by hrs-blog | 2009-12-10 22:00 | 研究のこと

日欧先端科学セミナー への参加申込みを逃す

やっちまった−。

最近,あまりWebを利用しなくなっていたせいで,
貴重な機会を逃してしまった。

2月に福岡で開催される
日欧先端科学セミナー(http://www.jsps.go.jp/esf-jsps/shinsei/boshu1.html)への参加が
公募されていたのを見逃してしまった。

テーマは,
"Contact Zones of Empires in Asia and Europe: Complexity, Contingency, Causality"

コーチェアは,
日本側 : 西谷 正(九州大学・名誉教授、九州歴史資料館・館長)
欧州側 : Prof. Lise Hannestad (University of Aarhus, DK)

コーディネーターは,
日本側 : 溝口 孝司(九州大学・比較社会文化研究院・准教授)
欧州側 : Dr. Rüdiger Klein (European Federation of National Academies of Sciences and Humanities (ALLEA), NL)


講師は
日本側 : 太田 博樹(東京大学・大学院新領域創成科学研究科・助教)
妹尾 達彦(中央大学・文学部・教授)
田中 良之(九州大学・比較社会文化研究院・教授)
松木 武彦(岡山大学・大学院社会文化科学研究科(文学系)・准教授)
宮本 一夫(九州大学・人文科学研究院・教授)
横山 祐典(東京大学・海洋研究所・准教授)
米田 穣(東京大学・大学院新領域創成科学研究科・准教授)

欧州側 :
Carmen Alfaro(Valencia University, ES)
Michael Alram(Kunsthistorisches Museum, AT)
Toennes Bekker-Nielsen(University of Southern Denmark, DK)
Chris Gosden(Oxford University, UK)
Askold Ivantchik(The Russian Academy of Sciences, RU)
Ray Laurence(University of Birmingham, UK)
Andreas Mehl(University of Halle-Wittenberg, DE)
Nicholas Sims-Williams(School of Oriental and African Studies, London, UK)
Mayke Wagner(The German Archaeological Institute(DAI), Berlin, DE)
Verena Winivarter(University of Klagenfurt, AT)

なんという錚々たる方々。
逃した機会は大きいゾ。
[PR]
by hrs-blog | 2009-12-03 22:34 | 研究のこと

多元視野で解明する至宝『混一疆理歴代国都之図』

今度の土曜日は,龍谷大学で開催される
国際シンポジウム「多元視野で解明する至宝『混一疆理歴代国都之図』」に行く予定。

『混一疆理歴代国都之図』のデジタル工学による復元手法と,
復元成果を用いた歴史研究を拝聴するのが目的なのだ。
もちろん展示されている実物も観覧する。

※『混一疆理歴代国都之図』は,1402年に作製されたとされる,現存する最古の地図の一つ。

以下,配布されているポスターを文字にしてみました。>出先で簡単に確認できるように。
------------
【国際シンポジウムの開催日時と場所】
日時:2009年11月21日(土)10:30〜16:30
場所:龍谷大学 大宮学舎 清和館3階大ホール

【展示日時と場所】
日時:2009年11月21日(土)・22日(日)10:00〜17:30
場所:龍谷大学 大宮学舎 本館1階 展覧室

【国際シンポジウムのプログラム】
□基調講演 「混一疆理歴代国都之図」をめぐる国際比較
1.朝鮮古地図からの視点
楊 普景( 韓国誠信女子大学校社会科学大学教授)

2.天理大学所蔵古地図と海洋アジア史
藤田 明良(天理大学国際文化学部教授)

□学術研究報告 「混一疆理歴代国都之図」への多元的アプローチ
1.デジタル工学からの視点
岡田 至弘(龍谷大学理工学部教授)

2.北東アジアからの視点
中村 和之(函館工業高等専門学校教授)

3.モンゴル世界からの視点
村岡 倫(龍谷大学文学部教授)

4.東アジア地理認識をめぐる諸潮流
濱下 武志(龍谷大学国際文化学部教授)

□総合討論  「混一疆理歴代国都之図」をめぐって

【主な展示品】
◇「混一疆理歴代国都之図」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇「混一疆理歴代国都之図」【デジタル復元版】
◇「大明国図」【写真版】(天理大学所蔵)
◇「新訂萬國全國圖」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇「地球全圖畧説」(龍谷大学大宮図書館所蔵)
◇李燦「韓国の古地図」(龍谷大学瀬田図書館所蔵)

詳しい情報は,龍谷大学のイベント告知ページで確認できます。
http://www.ryukoku.ac.jp/event/detail.php?id=391
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-19 19:01 | 研究のこと

「第3回 北陸石器フォーラム」の御案内

秋は研究会・学会のシーズンですね。
ということで,御案内をば。。

研究会の開催情報などをweb上で告知するときは,
情報を画像ではなくテキストで掲載したほうが,
検索にヒットしやすくなります。

下記,
富山大学考古学研究室写真ブログよりテキストデータにして転載。
-------------
開催日時 平成21年11月21日(土) 13:00〜
開催場所 富山大学人文学部棟
発表内容

1. 一般研究発表
田口 慎「東北地方の後期旧石器時代における頁岩原産地遺跡の再検討」

2.富山県における後期旧石器研究
田上和彦「富山県における後期旧石器人の石器獲得行動」
立野ヶ原遺跡調査研究チーム「経過報告」

3.実験考古学
横幕 真「ヨシを用いた施文具ー北陸地方の縄文土器を中心にー」
久保浩一郎・横幕 真「石器で竹を切ってみた(仮)」

4.増山城国史跡指定記念講演
野原 大輔「私と増山城」

研究集会後に懇親会を予定しています。
参加を希望される方は,
下記連絡先まで研究会参加希望の旨と,
懇親会参加の有無について御連絡ください。

よろしくお願い致します。

【連絡先】
e-mail:my711bo※yahoo.co.jp(お手数ですが※を@にかえてお送り下さい。)
石器フォーラム世話人 横幕 真

------
ココまで。
[PR]
by hrs-blog | 2009-11-03 18:01 | 研究のこと

検索

ライフログ


琉球の王権とグスク


草原の王朝・契丹国〈遼朝〉の遺跡と文物―内蒙古自治区赤峰市域の契丹遺跡・文物の調査概要報告書2004~2005


偉大なるシルクロードの遺産


生物から見た世界


身体の哲学/精神医学からのアプローチ


遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用


考古学のためのGIS入門


実践 考古学GIS 先端技術で歴史空間を読む


新ブック・オブ・フォトグラフィ


不都合な真実


家族の古代史―恋愛・結婚・子育て


風土学序説―文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に


飛鳥の宮と寺 (日本史リブレット 71)


BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/1号 [雑誌]


“オリジナル”の行方―文化財を伝えるために


プレゼンテーション Zen


水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門

フォロー中のブログ

marginBlog
研究所日誌
アコの後思案
研究室の窓
考古学専攻娘in英国
Dvaravati と ...
知的考古学空間
酒とラーメンと考古学!
ねむろHistory&N...

Web link

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧